フェイスブックページのアカウントが、グループと紐づけられるようになった

フェイスブックページのアカウントが、グループと紐づけられるようになったようです。ページとしてグループ参加も可能になり、ページに「グループ」(関連グループ)の項目が増えましたね。
「ページ」と言うのは実際はあまり積極的な交流望めなかったので、寧ろグループと連携した方がよかったのは自明だったのでしょう。ページとしてグループに参加したい欲求と言うのも元々あるでしょうからね、企業ブランドもそうですし個人(人物)ファンページも。
グループを所有するプロフィール(人物)が所有するグループに対し、プロフィールからページに「お誘い」が行くような構図になっているようです(ページのPC設定画面から関連グループの指定ができる構造ですが、一応登録すると「お誘い合ったよ」って事になるようで。そしてページが管理人に加わる)。ファン向けのグループが増えていくかもしれません。

 


 

Google+などは、かなり早い段階でコミュニティの管理人をページにする事が出来ていましたが(よって、ページの管理人が誰かわからなくすることも可能)、悪用もあったのでまあなんともなところでしたが、ページの管理人もグループの管理人もブラインドに出来るというのは、「ストーカー対策」には役立つんでしょう。

最近、「ページ」自体の管理のやり方が相当様変わりして、「メッセージの管理」「通知の管理」などが楽になってます。「通知の管理」が楽になったのをうけて、グループへの(ページとしての)投稿へのレスポンスなども(まあ他にはInstagramの投稿へのコメント管理も)シームレスに出来てたりします。
Google+で同じ機能と言うのはかなり前からありますが、Googleは技術系は得意ですが、UIは得意じゃないのもあってか、使い勝手は断然FBの方がありますね。左脳大脳新皮質系のGoogleと、右脳辺縁系のFacebookの違い(後者は技術的にあまりお上手じゃないのが弱点)が、モロわかるような機能追加でした。

Wings over Asia Africa (NPO法人 アジア・アフリカの翼)

JAPANESE FOLLOWS AFTER ENGLISH

 

Wings over Asia Africa
Establishment of Non Profit Organization (Not yet established as of August 2014 because of the short of MONEY)

–Tetsuya Kitahata

Activities:
1) Summer camp seminar to the gifted, excellent pupils and students in Asia (Wing: Gifted children for Asians)
2) Summer camp seminar program in Asia that reeducates top-class human resources of science and technology course as entrepreneur (Wing: iFEST Program Japan)
3) Contributes to Africa the supplements that doe’t require water, and even Muslims can take it. (Wing: Fountain of Africa)
4) Educational campaign of open source software in Asia Africa. Support to an Europe and America open source group from Asia (Wing: open source initiative)
5) Aim for other NPOs, Foundations, Charities, etc. (Wing: Global Charity Network)
6) Other various businesses (Wing: object for industrial corporation tax)
————————————————————

Wing: 1) “Gifted children for Asians”

Most of the world’s population exists in Asia. All the people feel it though the domination of Europe and America has been exaggerated by a historical flow,but now it is an age of Asia.
It is needless to say to have accomplished high economic growth because of the consumerism culture of the European and American style. Moreover, economical development in Japan was brought by big advancement of the science and technology, and the richness of daily life that we are receiving is also a result of the development of the science and technology. However, what we have lost as compensation for the beneficence by various sciences is abundant. It is environment, ecosystem, etc. and various a lot of other problems etc.

“The mistake by the science can be cured only in the science and morality.”

With the one sentence written above, our mission comes to develop the talented (The Gifted) and to promote talented who bears the science of the entire world of the future in Asia by installing the chance to touch a part of the scientific inquiry directly exceeding the frame of the school training for a person who has zest for the science and an excellent nature among the child, the pupil, and the student who has received the current school education. It is clear that this is greatly useful for the promotion of the science of Asia and the world. Moreover, it is thought that the enlightening activity and the moral instruction to deepen recognition to the science widely can be executed, and it contribute to the promotion of the science of Asia and the world surely in various places. Up to now, the wing of the foundation mathematical principle science promotion association that the Dr. HIRONAKA HEISUKE tries the chief director and the specific non-profit-making corporation mathematical principle has executed “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” in Japan for the achievement of this target every year and the frequency came to exceed 30 times.
Moreover, the participant’s total also exceeding 2,000 people, and they are taking active part in various fields of the science in Japan and overseas.
Therefore, we try to expand view to Asia, to make “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” take root in Asian whole land, and found “Gifted child of Wing of Asia” (fund for leader of the next generation who has talented to become champion and to make enlightened base) which non-profit-corporation to contribute to the development of “New and science” that reform “Mistake that the science violated”, and to contribute to the society.
The purpose of the activity is to do the promotion to child, pupil, and student who interested in the science as human resource who bears the next generation. Moreover,in relation to it, the proposal and the enlightening activity concerning the science are widely done to the many unspecified citizens and groups, etc. and it contributes to the improvement of public interest such as Social Education,Child’s health promotion, Moral instruction etc.. Especially, it is the one of the biggest purposes to execute “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” other than Japan to leaders in each country for the next term continuously.

Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Gifted children for Asians”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 2) “iFEST Program JAPAN” :
– International Foundation for Entrepreneur – Science and Technology –

Description

iFEST exists to cultivate the next generation of world-class knowledge entrepreneurs, cooperating across international borders to expand economic opportunities and to find solutions to global challenges. iFEST is a recently established non-profit institution based in the US, recognized under Internal Revenue code 501(c)3.: iFEST – International Foundation for Entrepreneur – Science and Technology

Vision

We live in a time when the world has become subject to rapidly increasing globalization and technological change. Yet within most US schools, universities, public policy and other institutions, connections to international economic and technological communities are lacking or absent. Existing connections do not provide enough transnational opportunities for young people to gain the knowledge, skills, contacts, and entrepreneurial learning experiences needed to navigate their careers, and in the process build the next generation of innovation and growth for their communities and their nations. In the American case, foreign language skills and practical knowledge of the larger world outside the US has declined dramatically at the grass roots. This lack of understanding and eroding common ground between the US and other nations has already had enormous consequences. Needed is an organization that can rally all the public and private stakeholder behind the goal of creating new opportunities for career relevant collaboration and mentoring for young people, and thereby broaden the base of support for free enterprise and international cooperation around the world. iFEST is that organization.
iFEST is unique. No other public or private institution exists that focuses on working in an integrated transnational manner with partners in business, academia, philanthropy, and government toward nurturing the innovative start-up development capacity of the rising generation of young people, in preparation for global economic realities.

Execution

iFEST will stimulate a more robust transnational innovation and entrepreneurship community through a number of programs that include:
Cultivating the next generation of global science and engineering entrepreneurs via International Innovation Camps bringing students and mentors together from around the world for cooperative hands-on technical learning in the laboratory and field, integrated with entrepreneurial coursework and enterprise development;
Organizing a global community of angel investors, mentors, and students through an International Angel and Mentor Network (iAMNet), to learn from each other and co-invest in student projects from the Innovation Camps and other programs;
Promoting transnational management training and entrepreneurial talent development through iFEST Residential Workshops and Fellowship Programs in an overseas industrial setting;
Increasing international dialogue through high level policymaker exchanges, via the iFEST Legislators’ Innovation Policy Exchange Program (LIPEP) for members of Congress and staff to meet with their foreign peers in overseas study retreats to jointly explore the policy prerequisites for innovation and free enterprise; and
Assessing new needs and priorities through surveys, and analytical research relevant to public policy-making and private sector investment decisions.

Supporters

iFEST advisors include Sundeep Dugar (Sphaera & formerly J&J Pharmaceuticals), Yuan Youxin (National Natural Science Foundation of China), Sunil Paul (Spring Ventures, Brightmail & Freeloader), Nadeem Ahmed (Google), Jack Fensterstock (Phoenix Associates & China Capital Corp.), Sadiq Ahamed (Incture & formerly Dell), Gordon Flake (Mansfield Foundation), Mariana Bosezan (SageEra), Harvey Scott (Rolls-Royce), Robert Chernow (Rensselaer Polytechnic Institute & formerly Kauffman Foundation), Richard Dasher (Stanford University), Andy Hargadon (UC Davis), Susan Sclafani (Chartwell Group & formerly US Department of Education), Rao Buddhavarapu (ObjectOne Information Systems), Ryan Wilson (X Prize Foundation), Ann Korando (BBF&K Consulting), and Guillermo Sohnlein (Fortivo).

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“iFEST Program JAPAN (International Foundation for entrepreneur – Science and Technology)”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 3) “Fountain in Africa”

The message from the donor etc. are translated into three languages (English, French, and the Arabia language) for the refugee camp in Africa. Moreover, it aims the supply of the supplement that even Muslim can take it with the transport aircraft to pinpoint mainly. Considering of a geographic situation of Africa, “Portability”,”Convenience”, and ” Needless of water” are necessary for this supplement.
We use “AGEL, INC.” Products in order to establish these tasks above.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Fountain in Africa”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 4) “Open source initiative”

At present, we who exist in the highly-networked information society are shifting from propriety (state that only a certain group is owned software and managed) to open source (It is indicated the source code,and patch/correction is prepared if there is a necessity.) However, most of the group of open source is Europe and America, and open source from Asia including Japan is very little in the past like Ruby etc. Moreover, when Japanese firm and the enterprise in Asia support and sponsor(invest) the group in Europe and America, a tax favor cannot be received.

Our main purpose makes open source from Asia take root all over the world more deeply and, the sponsor support to groups other than Japan is facilitated, and it contributes to the development of all open source.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Open source initiative”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 5) “Global Charity Network”

Due to the current major economic downturn, charities, foundations, and other organizations are facing major new challenges in their fundraising efforts. Partially as a result of this, the relatively new strategy of raising funds through “embedded giving” is rapidly gaining favor.

Due to the current status of our economy, charities, foundations, and other other non-profit organizations are being increasingly challenged in their fundraising efforts. A further impediment is President Barack Obama’s recently announced $3.6 trillion budget that calls for reducing significantly the maximal tax deduction for Americans who make charitable contributions.
Historically, for example, Americans have been entitled to deduct from their taxable income the donations they make to government-approved charitable organizations. This deduction has been applied at the highest marginal rate paid by the taxpayer. Taxpayers in the highest tax bracket, for example, have been able to write off 35% of their charitable contributions.

In the new legislation, the charitable deduction would be capped at a 25% rate, significantly reducing the total tax write-off. According to some projections, this new taxation plan will result in an annual reduction in overall donations of up to $5 billion.

Our new challenges is that a relatively new approach to fundraising has been gaining favor. It’s commonly known as “embedded giving,” which can be generally defined as a form of charitable donation that is built into a larger, unrelated financial transaction.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Global Charity Network”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
————————————————————

 

 

Date: Wed, 13 Jan 2010 16:14:15 +0900
From: Tetsuya Kitahata <kitahata@99.alumni.u-tokyo.ac.jp>

NPO法人 アジア・アフリカの翼

事業内容:
1) アジアにおける優秀な生徒・学生に対するサマーキャンプ
(アジアの翼ギフテッドチャイルド)
2) アジアにおける、科学技術系の優秀な人材をアントレプレナーとして
再教育するサマーキャンププログラム(iFEST Program Japan)
3) イスラム教でも摂取可能で水のいらないサプリメントをアフリカに寄与
4) オープンソースソフトウェアのアジア・アフリカにおける啓蒙活動
欧米オープンソース団体への支援をアジアから
(オープンソース・イニシアティヴ)
5) その他各種事業(事業法人税対象)

—-

1) 「アジアの翼ギフテッドチャイルド」

世界の圧倒的多数は、アジアに存在する。歴史的な流れにより欧米の優位性が
誇張されてきたが、今や、だれしもが感じている、そう、アジアの時代である。

我々は、欧米型の大量消費文化により高度経済成長をなし遂げてきた事は言うま
でもない。また、日本における経済的発展は、科学技術の大いなる進歩によると
ころも大きく、我々が享受している日常生活の豊かさも科学技術の発展の賜物で
ある。
しかしながら、様々な科学による恩恵の代償として我々が失ってきたものも
数多い。環境、その他多岐にわたる問題や生態系、その他各種に及ぶ。

「科学による過ちは科学と道徳でしか治せない」

上の一文を持って、アジアの中で、現状学校教育を受けている児童・生徒・学生
の中で、科学に対して強い興味を持つものや、優れた素質を持つものに対して、
学校教育の枠を超え、科学研究の一端に直接触れるような機会を設けることで、
その才能を伸ばし、将来の世界全体の科学を担う人材を育成することとなる。こ
のことが、アジア・世界の科学の振興に大きく役立つことは明らかである。また
各地において、遍く科学に対しての認識を深めるための啓発活動、道徳教育を実
施することも、同じく、アジア・世界の科学の振興に必ずや寄与するものと考え
る。この目標の達成のために、日本に於いてはこれまで広中平祐博士が理事長で
ある財団法人数理科学振興会ならびに特定非営利法人数理の翼は、毎年、「数理
の翼セミナー」を実施してきており、その回数は 30 回を超えるまでになった。
また、その参加者の総計も2,000 名を超え、科学の様々な分野で活躍している。

よって、ここに我々は、視野をアジアに広げ、「数理の翼セミナー」を同様に
アジア全土に根付かせ、「科学が犯した過ち」をあやめたらん「新・科学」
の発展に寄与するべく、非営利法人 アジアの翼ギフテッドチャイルド
(才能のある次世代のリーダーがチャンピオンとなり啓発を行っていく土壌を作る
基金)を創設し、社会に貢献しようとするものである。その活動の目的は、科学に
対して興味を持つ児童・生徒・学生に対して、次世代を担う人材としてその育成を
行うこと、および、それに関連して、広く不特定多数の市民・団体等に対して
科学に関する提言や啓発活動を行い、もって、社会教育、子どもの健全育成、
道徳教育などの公益の増進に寄与することである。特に、日本以外の
「数理の翼セミナー」
を各国の次期リーダー達に対して継続的に実施していくことは、そのもっとも大きな
目的の一つである。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
アジアの翼ギフテッドチャイルド
設立代表者 北畠 徹也

—-

2)「iFEST JAPAN」(iFEST の日本における窓口)

<概要>

iFEST は、国境を越えた協力体制に基づいて経済的機会を拡大し、グローバル
課題への解決策を見出すため、世界的レベルに値する次世代の知識の起業家を
育成するものである。発足して間もないiFEST は、米国に本拠地を構え、
国税収入局の規約501(c)3 により認可される非営利機関である。

iFEST:
International Foundation for Entrepreneurship Science and Technology

<基本理念>
私たちが生きる現代、世界は急速なグローバル化や科学技術の変化に翻弄されて
いる。しかし米国の殆どの学校や大学、公共政策その他の機関では、経済や科学
技術の国際的コミュニテイとの繋がりは乏しい、或いは皆無である。若者
がそのキャリアの舵取りをしていくために必要な知識やスキル、ネットワーク、
起業家としての学習経験、またその習得過程で、それぞれの国や地域社会に貢献
できる次世代の革新・成長のために構築される基盤は、既存のつながりから得ら
れる国際経験の機会では事足りない事は言うまでもない。
特に米国の場合、外国語スキルや、広い世界についての実践的な知識は、根本から
劇的に衰退している。この理解の欠如や米国と多国間の共通点の衰えは、既に重大
な結果を招いていることは遺憾の意に堪えないものがある。
今、我々に必要なのは、若者を指導していくことを目的に職業(就業)関連分野
で共に協力し合う官民関係者を結束させ、それによって世界各国の自由企業・
国際協力体制を支援することのできる組織であり、それが、iFEST である。

iFESTはユニークな存在である。新しい世代の若者たちがグローバル経済の現実に
立ち向かうことのできるよう、革新的なアントレプレナーシップ能力の育成に
焦点を合わせ、ビジネス界、学術研究機関、慈善事業、政府パートナーらと共に
統合的かつ国際的に取り組む組織は、官民問わず、他に例を見ない。

<実施>

iFEST は、次のプログラム内容例を通し、国境を超えた強固な革新・起業家
コミュニテイづくりを促進させる。
・ 各国の学生や指導者を集め、国際的なイノベーション・キャンプを開催し、
グローバルな科学・工学分野の次世代起業家の育成を図る。起業家学習課程や
事業開発と、研究室・現場の共同作業を通じた実践的な技術学習の統合を図る。
・ 国際的なエンジェル&指導者ネットワーク(iAMNet)を組織し、エンジェル
投資家や指導者、学生らのコミュニテイをつくる。互いに知識を共有し、
イノベーション・キャンプその他プログラムの学生プロジェクトに対し共同
投資を行う。
・ iFEST の海外産業環境滞在ワークショップや研究員プログラムを通じた、
国境を越えたマネジメントトレーニング・起業家の才能開発を促進する。iFEST
議員革新政策交流プログラム(LIPEP)による国際対話の機会を増やし、高レベル
政策決定者間交流を促進。海外研修旅行を通じ、米連邦議会議員やその
スタッフが外国の立法者らと共に革新や自由事業の政策的必要条件などを検討。
・ 世論調査や、公共政策・民間セクターの投資決定に関連する分析的研究を通じ
新たなニーズや優先順位を評価

詳しくはこちら: http://www.ifest.info/

<支援者>

iFEST は、次の方々のご支援を戴いている(敬称省略)。
SundeepDugar (Sphaera 、旧J&J Pharmaceuticals)、
Yuan Youxin (中国国家自然科学基金委員会)
Sunil Paul (Spring Ventures, Brightmail & Freeloader)
Nadeem Ahmed (Google)、Mariana Bosezan (SageEra)
Jack Fensterstock (Phoenix Associates & China Capital Corp.)
Sadiq Ahamed (Incture、旧Dell)、Harvey Scott (Rolls-Royce)
Gordon Flake (Mansfield Foundation)、Andy Hargadon (UC Davis)
Robert Chernow (Rensselaer Polytechnic Institute、旧Kauffman Foundation)
Richard Dasher (スタンフォード大学)、Ryan Wilson (X Prize Foundation)
Susan Sclafani (Chartwell Group、旧米教育省)
Rao Buddhavarapu (ObjectOne Information Systems)
Ann Korando (BBF&K Consulting)、 Guillermo Sohnlein (Fortivo)

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
iFEST JAPAN
設立代表者 北畠 徹也

—-

3) 「アフリカの泉」

アフリカの難民キャンプに対し、寄付者からのメッセージなどを、
英語、フランス語、アラビア語の3言語に翻訳し、輸送機等で
ピンポイントにムスリムでも摂取可能なサプリメントを供給すること
を主たる目的とする。
アフリカの地理的な状況を鑑みて、サプリメントには「携帯性」「利便性」
「水がいらない事」が必要となる。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
アフリカの泉
設立代表者 北畠 徹也

—-

4) 「オープンソース・イニシアティヴ」

高度情報化社会にいる我々は、現在、プロプライエティ(一定の団体のみが
ソフトウェアを所有し管理する状態)からオープンソース(ソースコードを
開示し、必要があればパッチ/修正を用意とするもの)へと移行しつつある。
しかしながら、オープンソースの団体のほとんどが欧米であり、過去、日本を
含めたアジア発のオープンソースはRubyなどごくわずかであり、また、日本
企業やアジアの企業が欧米の団体を支援・スポンサーする際は、税的な恩恵を
受ける事が出来ない。

我々の目的は、アジア発のオープンソースをより深く世界中に根付かせること、
そして、日本以外の団体へのスポンサー支援を容易にし、布いては遍くオープン
ソースの発展に寄与することを主たるものとする。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
オープンソース・イニシアティヴ
設立代表者 北畠 徹也

——————————————————————–

正会員 1口 20,000円/年間
賛助会員 1口 10,000円/年間
個人会員 1口 5,000円/年間

 

Apache Way

_*The Apache Way*_ (Opensouce with Bureaucracy and Meritocracy)

 

Apache Software Foundation について若干考察してみたいと思う。私は、5000USDの寄付をはじめ、個人的には色々な活動をしていて、Apacheとのつながりは深い(深かった)。それに、今でも、Apache News Onlineというニュースを流してたりするし(ユーザの視点に立った行動だし、そもそも、Apacheにマーケティングのセンスが必要だとずっと訴えていたのは何を隠そう私だ)、その前はプロジェクト横断的な「Apache Newsletter」というのを発行していた。
勘違い野郎は、「Tetsuyaは問題を沢山起こしたために除外された」と言っているが、実際の正しい理由は知らないだろう。少なくとも、「フェイスブック」とか「スカイプの公開討論」とか、そういったキーワードが入っていない情報は全部嘘である。これに関して言えば、Apache自体がかなりの情報操作をしている。あまりにひどい情報操作(毎月ボードメンバーから出てくる「まとめ」集)だったため、抗議を起こす気にもなれなかった。それを鵜呑みにしてさも「これが真実」と主張する日本の愚民は本当に<愚か>だ。Apache より Tetsuya のほうがアドバンテージがあると言う事を考えた事は無いのか。
Apache は、ある意味成功したプロジェクト(群)だったと思う。彼らのモチベーションは、Apache way(Meritocracy)と呼ばれる行動規範によるものだ。私が最初此の言葉にぶち当たった時、どういう意味か分からなかったので、Google Translateに尋ねてみた。「実力主義」の他に「官僚主義」という言葉がヒットした。官僚が幅を利かせている日本という社会に住んでいる自分にとって、大変興味深いテーマだと思った。何故って、それは、「実力主義が何故官僚主義と同じ言葉で括られてしまうのか」ということだ。面白いテーマだと思わないか?
Meritocracy は、Merit(+1)を積み重ねていく事、という事だ。だから、Plus One(Google+)とも親和性が高い。しかし、モチベーションはをどう確保するかと言う事を考えれば、オープンソースは一般的に利益追求ではない為、「利益ではない何か」を追求するものでなければ存続しえない。それが「プライド」であり「誇り」だ。なんとなく見えてこないだろうか、公僕たる公務員(=>官僚)が、世の中を支配しようとしたくなる理由が。低い賃金でも保てるプライド・誇りとは、なんなのであるか。何故、そこまで頑張れるのか。最終的に、何故、「隠し事が多くなるのか」と言う事を。

そう。とことんまで、Meritocracy を追求すれば、Bureaucracy(典型的な官僚主義)に到達する、ということなのだ。隠ぺい工作は、極めて巧みだった。こういう事は、内部に入っている人しかわからない。知らない外野は黙ってろ!というのが正直なところだ。

オープンとクローズは常に「揺り戻し」である。それは、プロ・パテントとアンチ・パテントの揺り戻しと同じようなものだ。オープンソースが全てと錯覚するのは間違いだ。ほとんどすべてのオープンソースは失敗しているじゃないか。引き継ぐ相手もプラットフォームもないまま。勘違いしてはいけない。現在成功しているアップルやフェイスブックは極端にクローズドな会社であると言う事も忘れてはならない。

 

 

北畠徹也 — Apache Software Foundation との関係について

Apache Software Foundation と私との関係について若干書いておきます。私は、 http://www.apachenews.org/ などを含めて、「マーケティングレベル」でかなり貢献しており、かつ、ブロンズスポンサーになったこともあります。JakartaやWebservices, POIのコミッタ(Committer)でもありました。Infrastructureを良く理解していたため、SPAMASSASSIN導入前のApache.orgメールのスパム対応なども適宜行いました。
日本人の誰もが知らない間に色々な貢献をしています。数多くの感謝も貰っています。
http://jakarta.jp/ という翻訳サイトも無償で必死に作りました。
ですが、正直言えば、「マーケティング」という言葉を使う事を極端に嫌がる技術者が多かったのも事実でした。Apache Newsletterという形式のニュースの発行を統括していたこともありますが、その時も、「SPAM」という言葉を耳にしたものです。たまに、「こいつら、頭おかしいんちゃう?」と思ったこともありました。
まあ、そこで、たまたま、Apache という商標がマドプロで日本でとれていなかったのもあって、「スポンサー代わりに」取ってあげてあとで譲渡してあげよう、と考えたのが、Apacheなどの商標を取ろうとした本当の意味でのきっかけです。
まあ、そんなこんなもあって、Apache.orgの権限がはく奪されたのは事実ですが。でも、まあ、今でもアパッチの方々の事を嫌いになっているわけではないし、Google+でコミュニケーションとったりしています。私の事を覚えてくれている人も事実多いですしね。

Apache万歳!

Steve Jobs is Dead

http://www.apple.com/stevejobs/

BASP21 PRO

Windows2000 のサポート終了にあわせ、有名な汎用コンポーネントであるBASP21のフリー版のサポートも終了しております。現在お使いの方は商用版(http://wik.jp/b21)への切り替えを推奨いたします。 — http://wik.jp/b21

Perlのはなし — by 北畠徹也

Perlの商標登録申請したのは11月1日くらいですし、Perl Foundation に何回も Donation (寄付行為) もしておりますから「関係ない第三者が」「勝手に」と<勝手に>言われるのは正直言えば心外ではございます。(Python等ほぼあらゆるメジャー系OSSに寄付しております、一応。Wikipediaすら。) – 【あなたはオープンソースコミュニティに寄付したことありますか?無いのなら、あなたのほうが第三者でしょう】 – 商標とはそもそも自由に登録申請しうるものです(商標法による禁止事項等は勿論あります)。
—-
何故、今更になって物議を醸してるのか….私は自分なりのより社会的に有益なことのために取得をしたのであって、ただそれがまだ準備されていないから、ステルスの状態でいるつもりでしたが……ある外人のヘッドハンターが守秘義務というのを無視してどこかに流したのが原因のようです(立腹しています)。
—-
Java(R)を表現するときに、「JavaはSun Microsystemsの登録商標です」等と通常書くのと同じように、「Perl(R)は株式会社テラ・インターナショナルの登録商標です」と今後書くようにお願いいたします。(これは、あくまで冗談です。ブラックジョーク)
—-
とまれかくまれ、Perl Foundation への寄付行為をしてみてはいかがでしょうか。お世話になっているオープンソースに対して、Paypal等通じて Donation している人はあまりに少なすぎますし、またその現状に対して日本人として憂えています。私は、 http://an.to/asf — (5~600000円/年間です) 2年半、個人の名前で Apache Software Foundation のスポンサー (Sponsor) をしておりました。1/10以上が日本のユーザということを考えると、当然にすべきことが見えてくるのではないか、と考えます。
—-
Fin