フェイスブックページのアカウントが、グループと紐づけられるようになった

フェイスブックページのアカウントが、グループと紐づけられるようになったようです。ページとしてグループ参加も可能になり、ページに「グループ」(関連グループ)の項目が増えましたね。
「ページ」と言うのは実際はあまり積極的な交流望めなかったので、寧ろグループと連携した方がよかったのは自明だったのでしょう。ページとしてグループに参加したい欲求と言うのも元々あるでしょうからね、企業ブランドもそうですし個人(人物)ファンページも。
グループを所有するプロフィール(人物)が所有するグループに対し、プロフィールからページに「お誘い」が行くような構図になっているようです(ページのPC設定画面から関連グループの指定ができる構造ですが、一応登録すると「お誘い合ったよ」って事になるようで。そしてページが管理人に加わる)。ファン向けのグループが増えていくかもしれません。

 


 

Google+などは、かなり早い段階でコミュニティの管理人をページにする事が出来ていましたが(よって、ページの管理人が誰かわからなくすることも可能)、悪用もあったのでまあなんともなところでしたが、ページの管理人もグループの管理人もブラインドに出来るというのは、「ストーカー対策」には役立つんでしょう。

最近、「ページ」自体の管理のやり方が相当様変わりして、「メッセージの管理」「通知の管理」などが楽になってます。「通知の管理」が楽になったのをうけて、グループへの(ページとしての)投稿へのレスポンスなども(まあ他にはInstagramの投稿へのコメント管理も)シームレスに出来てたりします。
Google+で同じ機能と言うのはかなり前からありますが、Googleは技術系は得意ですが、UIは得意じゃないのもあってか、使い勝手は断然FBの方がありますね。左脳大脳新皮質系のGoogleと、右脳辺縁系のFacebookの違い(後者は技術的にあまりお上手じゃないのが弱点)が、モロわかるような機能追加でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中