ミャンマー・シャン州・シーポー

ミャンマー・シャン州のシーポー(ティーボー)。ティーボーと言う名前は、ミャンマーの最後の王朝「コンバウン朝」の最後の王の名前。
ゴッディ鉄橋を見る場合、ここに行くのもアリ。マンダレー -> ピンウールィン -> (鉄橋) -> ティーボー(シーポー) -> ラッショー の順。
殆ど見る場所もないんですが、映画にもなった(多分ミャンマーでは発禁?)「Twilight over Burma(ビルマの黄昏)」の舞台である、シャン州の有力な藩王の邸宅がいまだに残っていたりします。
あと、ここからは、シャン州の州都でもあるタウンヂーにバスで行けるようですよ。

20IMG_8378-COLLAGE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中