ギフテッドと発達障害と精神疾患と・・

ブログをあまり更新していない中、「ギフテッド」に関するキーワードの検索が多く来ているので、一回きちんと整理した形の事を書いておいたほうがイイのかなと思っていますが。

 

ギフテッドの定義を再度書き込んだうえで説明した方がいい気もしますが、取り敢えず、

・ギフテッドであれば、発達障害の何らかの症状、は出ている事が多い。

・発達障害、特にADHDであれば、「鬱」になった時に抗鬱剤を飲ませられるなどして、一時的な「躁」となって、それが原因で「双極性障害II型」の診断を誤ってウケてしまう事はあり得る。

と書いておきます。

知りたい話などありましたら、コメント欄などを活用ください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中