学問に王道は無いが、人生には王道がある

ユークリッド

(アゴラ寄稿の原稿)

成績に最大の影響を及ぼしていた要因は、「経験への開放性」と「勤勉性」だった。これまでの研究でも、この「経験への開放性」と「勤勉性」は、様々な分野での成功に関係しているということが分かっており、今回の研究は、従来の研究結果を裏付けるものとなった。

<学校の成績は、知能ではなく性格で決まる(研究結果)>
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/07/personality-is-a-better-predictor-of-success-_n_6427292.html
(引用:ハフィントンポストより)

これは大きく頷ける内容でしたので、アゴラでもご紹介です。


私、結構(特に最近 ^^;)、天才論がどうだとか、東京大学がどうだとか、エリートがどうだとかと、「過激な事」 ^^; 書いて居たりする気がするのですが、実は、最終的には 「勤勉性 と ワクワク が大事」みたいなベースを持っているから、何ですよね。つまり、<性格が成績と将来を左右する>と。

「勤勉である事を誇りにする」であるとか、「知りたいという純粋な気持ちを大切にする」であるとか、当たり前にやるべき事(王道)を、やってない人、多いよね?(笑)

学問に王道は無いが、人生には王道がある、なのだと思います。

「何かに役に立つからやる」ではなく、「役に立つか立たないかわからない<だからこそ>やる」と言う、真摯な気持ちは人生に於いて大事です。必要性をどうのとか、英語を将来的に使うかどうかとか、将来の事を中学や高校の頃から解ってしまうという、まるで「ネ申」みたいな人が日本には多いようですね!私は、単なる「傲慢」なのだと思うけどな!

https://newspicks.com/news/829002/
<中高生の約5割「将来、自分が英語を使うことはない」は本当か>

「必要になった時は覚えるでしょ?」みたいな無責任ぶっぱなつオトナばかり増えるから、全体として、「予防医学」の様なものが日本社会には発達せず、人口に膾炙せず、「医療費ばかりがかさむ」社会になり下がってしまうのです。そんなのは人間だったら解るはずだよな?脳みそが(エ)モンチッチ未満(=サル未満)だったりしますか?(笑)


(修正・新)自由主義を、否定したり批判する事は私はしません。勿論、人生を謳歌するのは大事ですし、刹那な発想で物事に挑むことも大事である場面も多いでしょう。人生は刹那のインテグラル(経路積分)ですからね。まあ、しかしながら、矢張り、「道(可能性)は無限にある」し、その無限性を教授する(Πが有理数ではなく無理数であることを教えるがごとく)のも教育が無しえる事であると思うのです。そして、「社会にとって有害な自由と無駄な努力」も矢張り存在するのです。

<「自己責任論」と言う無責任論>
http://agora-web.jp/archives/1631695.html

は、政治学のみならず、社会学にも当てはまる事です。「自己責任論」には「社会責任論」が伴います。社会の一員としての責任、社会全体としての責任、です。責任(リスク、だけではなく、ここではむしろ、リスポンシビリティ)は、自己完結すべき類のものではありません。人間は社会生活を前提とする生き物ですよ?モンチッチを例とするサルだって社会性を前提としているはずだよな?少なくとも東京大学でならそう教えるのだろうけど、授業行かずに落第した挙げ句に中退とかしたら、まあわからんか・・・。orz

新自由主義の標榜は勝手だし謳歌も勝手だけれども、社会に有害な論だけは吐露しないでほしいものです。

<「自己責任」という戒めの言葉>
http://agora-web.jp/archives/1631409.html

日本に於いて最近とみに騒がれている<自己責任論>、不十分と言うかあいまいな気がします。
責任には「リスク(RISK)」と「リスポンシビリティ(RESPONSIBILITY)」の双方の解釈があると思うのです。

  • 「国家が例え頑張って救出しようと試みても、失敗するというリスクの際に、国家賠償法(等)に基づく責任を負う事は出来ない」
  • 「国家は、そもそも、救出をする為の費用負担をする責務を有していない(国家は費用負担の必要が無い)」

こんな違いは一応ある事はあるでしょうか。

この両者を、混同した「自己責任論」が、世間をにぎわせていると思うので、正直言えば、ムカムカ・・・orz

日本に多い「自己責任論」をホザク「無責任連中」は、リスクの事をリスポンシビリティだと思っているだけなのではないかな?日本語勉強しようよ、英語と。(笑)


<恩がわからない人>
https://newspicks.com/news/828497/

私は、受けた恩は、その人或は社会に対すして還元する<責務>のあるものだと思っているので、そういう<感謝>を還元する為の、「Share Your One Day!」サービスと言うのを全世界(日本はあまりターゲットにはしない。アホ草w) に普及させようと思っています。例えば、教育は無償、でも「出世払いでよろしく!」と言うときにも使える様なサービスにしたいなと。今、親のお金で5000円払ってくれるより、貴方の10年後の将来の一日(換算したお金であれ、実際のサービス提供であれ、それは問わない)を私たち<社会>に譲ってください、って言うサービスです。

元々の、「米国の私立大学の寄付金システム」と言うのは、<未来の貴方からの恩返しフィードバックシステム>なんです。

将来の?ビル・ゲイツ君、マーク・ザッカバーグ君が受講してくれると嬉しいな!(笑) 将来、タイ・マッサージ(ラオス式マッサージでも可 ^^;)を1日中私に恩返ししてくれても勿論いいよん?(笑)


<すべての宗教は危険である。信じているひとがものすごく多いから特権的な優遇を受けているだけ[橘玲の日々刻々] >
http://diamond.jp/articles/-/66577
(出展:ダイヤモンド社)

イスラム教徒になった事も無い人が、イスラムは悪、とか、イスラムは危険、とか言い張るのは、ハッキリ言えば<傲慢>だと思います。体験した人にしか解らない事の方が圧倒的に多いのですよ、世の中。最近、「分かったフリ」した<神様>が跳梁跋扈して困るね、それこそ<危険>だと思う orz

まあ、大体において、この筆者さん、私からのメッセージ(ウェブから)を受け取っているのにレスポンスしてなかったりするよね。メールの返信なぞは10秒で可能。まあ、そういう処も傲慢なんでそ、所詮。orz


以上、先週の話題を NewsPicks での関心度やLikeが高いものを元に、まとめあげてみました。 – https://newspicks.com/user/103453

(注:画像は、エウクレイデス=ユークリッド

Tetsuya Kitahata(北畠徹也)

ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog
Facebook – Personal Profile
LinkedIn Profile
Twitter Profile
Google+ Profile
NewsPicks: https://newspicks.com/user/103453

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中