<Kananglish(カナングリッシュ)と教養人のススメ>

<Kananglish(カナングリッシュ)と教養人のススメ>
(アゴラ投稿の原稿です)

日本人の英語論は、学術レベルに達していない「でたらめ論」が結構多いなあ、と思ったりします。そこで、私を例に挙げて、英語とどう日本人が向き合うべきか、現状はどうなのか、と言う事を分析してみます。

私、帰国子女ではありません。北海道の田舎の高校を卒業し、実力で東京大学に進学して、自力でビジネスを立ち上げて現在に至っております(18年近く自営及び会社経営です)。その間、アメリカに一週間ビジネスで滞在(ホームスクールの見学等です)、オーストラリアに一週間ビジネスや勉強会で滞在(XBRLのカンファレンスに参加しました)と言う二つだけの経験。なので、「環境」と言う側面からすれば、他の方とそれ程変わらないかなと思います。親も外人じゃないですし(^^;。

ただ、高校生の頃は英語に励んでいました。実際、世界史を知らなければ国際人にはなれないだろう、みたいな事を考えていたので、ペンギンブックスのWORLD HISTORYの類は英語で読んでいたりしましたし、Feynman Physicsや化学の教科書の英語の類は高校の時から読んでたりします。「聞く耳」を敢えて鍛えた記憶は無いです。まあ、強いてあげれば、大学生の頃に、東京大学の教養学部の英語の授業で、「Family Ties」と言うコメディ(ちょっと昔のアメリカンコメディを知っている方であれば、「アーノルド坊やは人気者」辺りはご存知かもしれないですね(笑)。あれをもう少しアメリカらしくした感じです:マイケルJフォックス主演)の存在を知って、近所のビデオレンタルショップでシリーズを借りて、事あるごとに眺めていたというのを挙げる事が出来るでしょうか。まあ、とは言っても、英会話を学んだ、と言う様なことは皆無です。”NOVAでのばーす”、みたいな<こやじギャグ>も私にはヒットしませんでした(^^;。
其の後、外人さん(日本歴20年以上と言う様なベテランさん)と仕事をしたこともあるので若干使う場面はありましたが、殆ど日本語でしたし、必要とするほどでもなかったです、会話。

まあ、そんなこんなで挑んだ「東南アジア」でした。フィリピンに最初に行きました。(2014年9月)
フィリピンでは、英語で困った事は数えるくらいしかありません。タクシードライバーはどこの国もそうですが、教養や学が無いですね。その他で、日本語を使ったためしも有りません。セブ島で1回フィリピノと付き合うふりしてた女性と一緒になったので、英語と日本語交えて会話した位。病院にも歯医者にも行きましたが、iPad AIRで2・3個翻訳をかけた程度。睡眠薬系の商品名を覚えていたので、ウィキペディアで調べて薬品名にして、と言う事もしたかなと。本当に困らなかったです。逆に、フィリピノさんにも教養無い方いますので(ISISもエボラ出血熱も知らないトンデモナイ女性が居たのには唖然としたよ・・・orz)、そういう場合は私の英語力の問題とは言えなかったのだと思います。
其の後、シンガポール3日、ベトナムに2週間行っています。シンガポールは「全く」困りませんでした。ベトナム大使館やベトジェット航空の人間との会話で若干苦労した位(^^;。ベトナムは、暫く迷走しました。ベトナムに行ってから、iPadの重要性を猶更強調するようになりましたかね。「2020年までに日本人の英語力を高める!」と言う類の<妄想>を抱く位であれば、自由民主党さんや東京都さんにおかれましては、成田空港で無償のandroidタブレットを「一時的にレンタル」して、タクシー運転手等のIT技術力を高めさせることの方をお勧めしますかね。グーグルマップの読み方とかね? ベトナムは、英語をつかえる人と使えない人の差がかなりあります。そして、英語を知らない人は「無視し始める」ですかね。あと、東南アジアでは総じて地図が使えません。地図の読めない、会話も出来ない、東南アジア・・・覚えておいて損はないです ^^;
そして、タイ王国です(バンコク)。2か月居て感じるのは、「バンコクっ子は英語あまり知らんよなあ」と言う事でしょうか(笑)。かなり単純(日本では中学1・2年レベルとかです)な単語を何度言っても理解できない事もあったので、平均値で言うと相当低いのだと思います。ただ、出来る方は相当出来るのもまた事実なので、標準偏差は高い(笑)。まあ、そして、英語を知らない方は、そのことを認めたうえで、「周りに質問をしに行く(英語を知ってる人を連れてくる)」と言う丁寧さがあります。ここは、英語力の問題よりも国民性や人柄の問題。

5か月間、対面での日本語を極端に避けてきたこともあるので、英語力は高まった事も確かにあるのでしょうが、それ以前に、英語力はあったのだろうなと思います。多分、私の特徴として、「書き言葉を重視していた」事が挙げられるのでしょう。アパッチ財団(The Apache Software Foundation)のコミッタ等もやっていて、積極的に無償の翻訳作業をしたばかりか、毎日十通以上も英語メール書いたりしていましたので。しかも一つ一つがとても長い。ネイティブさんとリアルタイムチャットをやっても、2倍くらいは早いかもしれないです。英語脳が育まれていれば、些細な「話し言葉」に於ける「ラグ」はすぐ吸収できるのだと思いました。
あとは、「カタカナ英語」(カナングリッシュw)を覚えまくっていた事が挙げられるのですよね。私、イミダスや現代用語の基礎知識の一番後ろに有る「カタカナ英語」を覚えるの好きでしたもの。ですので、専門用語はかなり覚えていたりするのです。業界に関わらず知っている知識が多いのもそのため。学問横断も容易。

まあ、「日本の事を英語で言えた方が良い」みたいな事は良く言われるのだと思います。しかし、私から言わせれば、そんな必要もないし、そんな場面に遭遇する事もありません。寧ろ、大事なのは、カタカナ英語であっても「言葉を大事にする事」と、「教養を高める事」、に尽きるのだと思います。
例えば、「コモロ出身のフランス育ちです」と自己紹介されたら、「モロニですか?」と聞き返すと喜ばれるでしょう。「大学生?何専攻してるの?」と聞き、「物理学です」と答えられたら、「Super String Theory位はかじったことある?」と再質問、とかね。マーケティングの仕事をしてる、と言われれば、「コトラーは読んだの?」とかさ。話のネタなんてのはどこにも転がっているし、私から言わせれば本当に会話のネタ探しなんぞは簡単。そう言えば、コンドミニアム(バンコク)のプールでロシア語らしい会話をしているのを聞いて、「Excuse me, Are you Russian?」「Yes」「Как Вас зовут?(カークヴァースザヴート?)」「(かなり吃驚した表情で)ナターシャ」「スパシーバ、メニャザヴートテツヤ」みたいな会話を平気でしましたが、そういうのも良いのでしょう。

日本人の英語レベルですが、私は悪いとはそれ程思いません。「(脳内)変換に時間がかかる人」が多いだけ。実力を出し切れていないだけなのではないかな?タイ人と会話していて、「カタカナ英語がある国とそういう類がない国とはこう違うんだな」と言う様なことを悟りました。日本人の「平均」は決して悪くないのだと思います。徴兵制度が無い国なのだし、お隣の国が頑張って「兵役」している間に、国家の義務で「一年間英語を覚える特訓期間」を国家権力で保証する様な制度を作りさえすれば、瞬く間に英語力アップすると思いますけど。英語合宿。アフリカのへき地でのNGO/ODA活動の一環で(笑)。あとは、世界史と専門(どういう専門であれ)を学ぶことは大事かな。日本史を学ぶ暇があるならイスラム史を学んだ方が良いです、「例えば」。

これは強調しても良いかもしれませんが。。。「NOと言えない日本人」とかそういう事は考える必要もないです。解らんかったらNOではなく「NOT SURE」(わからん)でいいと思います。また、「I AM SORRY と 言ったら負け」とか、アホな事考える必要もないです。外国人は外国人だしノンネイティブはノンネイティブです。どう逆立ちしても、英語のネイティブにはなれませんので・・・・ネイティブさんはわかるのだし。

最後に。ベトナムにいた時(Halong Bay Tour)、昼食時、「魚料理」が出て来ました。我々のグループには、韓国人、フランス人、オーストラリア人(カップル)、等が居ました。「東アジアの箸文化」を積極的に活用し、出てきた魚料理を箸で綺麗に捌き、皆さんにもてなしてあげました。私たちのグループの皆さんは完食、隣のグループは全く食べていませんでした。まあ、こういう事も多々あるので、積極的に自分のやれることをやって、<お。も。て。な。し>をしてあげてみて下さい。そして、上でお話ししたような「教養」を活用して、30分以上、会話の中心となって「I AM ミスタージャパニーズYEN!」と強調しておきました ^^; — お道化(諧謔)と教養と英語のハイブリッドなコンプレックスで、貴方も是非是非、国際人に!! ^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中