Pro Patent era has come

特許紛争や知的財産権紛争が最近特に紙面を賑わせています。所謂法学用語で「プロ・パテント」「アンチ・パテント」という言葉があります。前者は、知的財産権を推進していくMovement、後者はその逆。行き過ぎた知的財産権法の過大解釈や、その逆(オープン化しすぎ)をけん制するための狙いがあるものと考えられます。
この「プロ・パテント」「アンチ・パテント」は、揺り戻し、的にやってきます。私が観測している中では、大体周期は12年です。今年は何となくオープンからクローズド、アンチからプロの移行の年かもな、と若干思っていたりします。
著作権法や商標法も例外ではありません。SOPAが出てきた理由は、プロ・パテントに社会が近づいていった証拠でもあります。こういうときに、是非グーグル社には頑張ってほしいものだと思います。・・・・でも、時流には逆らえないことも事実としてあるので、相当の覚悟が必要でしょう。
私は、まあ色んな意味で勘違いされて、オープンソースのアンチと思われているようですが、Apacheに寄付したお金(金額)は君たちには負けません。私は、行動を起こすことでほかの人のモチベートをあげる事しか考えません。良識があれば、Perl商標なんて取れるはずがない(取れたらそれは特許庁に問題がある)事くらいすぐわかるでしょ?# とれてしまったんだけどさ。w
例えば、フリーライダーである今の若者世代にとっては、情報は「ただ」だと思われがちなのでしょうが(タチが悪い事に、その後の購買をしない)、私くらいの年代だと、少なくとも「まがいもの」を見せてもらった後は「本物が欲しい!」と思って購買行動に出るものです。だから、著作権侵害は「ステルスマーケティングなので黙認」した方が企業行動として理に適っている、というのが私の根本的な思想です。法律でがんじがらめに行動を制限されるよりはステマしてくれたほうが(バズしてくれたほうが)利益に結び付く、という社会が望ましいのは言うまでもないことだろうというのが、行動規範です。実際、<<私は>>、ただでインターネットで見たものを結構多く後で「本物(オリジナル)の購入」しています。これが、社会的にあるべき姿ではないでしょうか。
ともあれ、時代は徐々にプロパテントに流れています。ラストリゾート(最後の砦)として、是非Googleには頑張ってもらいたいものだと思いますし、それはきっと可能な事だと思います。
最後に。知的財産権を振りかざす連中は、第三者的に見れば「断末魔の叫び」をしているようなものです。社会的な敗北者です。「私は社会的に敗北者なので知財を振りかざすことでしか飯をくっていけません」と、自ら宣言しているようなものです。これほど見苦しい事はありません。Yahoo!さん、Twitterさん、気をつけてください。w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中