弁理士会御中(2010/03/07)

弁理士会御中

 

 

弊社「商標EZ」に関して、お問い合わせのお手紙をいただいたようで、弁理士法に違反しているとのことですので、当方の見解をここに申し上げます。

 

1.誰でも代理人になれるというのは、「特許庁の方に直接何度も尋ねて」聞いたことであり、もし、弁理士法に抵触しているということを特許庁の方が知らなかったというのであれば、弁理士会等で学習会を開くなど、啓発活動が望ましいのではないでしょうか。直接尋ねた上で、サービスの開始の決断と公知の決断を下しております。

2.弁理士会が出しているであろう報酬金の参考例が、高すぎるのではないでしょうか。昔とは大きく異なり、現在は電子出願もできますし、個人(法人を含む)で特許出願等行うことが可能となっており、弁理士のレゾンデートルも薄くなっています。そのような中、12,000円しかかからないものを120,000円で請求してくる弁理士には、倫理というものがはたしてあるのか、法外な報酬請求ではないかと、疑問を呈せざるを得ません。すみやかなる改善を要求いたします。

3.「商標EZ」を使った出願は2009/03/08時点で0件でございます。また、本サービス提供の趣旨は「弁理士が法外な報酬を提示してくる」という事実を周知させるためでもありましたから、多大な利益を得るつもりも元来ありませんでした。ですから、問い合わせがあっても、「ご自身でこのようにして行ってください」と述べるにとどめ、代理人となる行為はいたしません。サイトはそのままにしておきます。

以上をもちまして、弊社からの回答とさせていただきます。

追記となりますが、弁理士の数も徐々に増えつつあるようですが、国際的な特許侵害等に対応できる、英語力などにすぐれた弁理士をもっと育成する方法を考えるべきかと思います。例えば、特許庁に5年務めていた人が弁理士になる場合、TOEICで900点を要求する、など、いくらでもやりかたはあるはずです。賢い方法で賢い人材を発見し育ててください。

弁理士会の更なるご発展を心より祈念申し上げます。

東京都渋谷区円山町6-7渋谷アムフラット1階

株式会社テラ・インターナショナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中