オープンソースの“拠点”に風穴? — MS & Hokkaido

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/WAT/NEWS/20040629/1/

「マイクロソフト社が、北海道のIT産業振興に協力する」というニュースが出ていたのだが・・・しっかし、僕が北海道からいなくなってMSのすぐ近くに引っ越したとたんにこういうニュースがあるのも笑えるが。(^_^) … マイケル・ローディング氏も来てたとか言ってたような。

「北海道は沖縄県などと共に、Linuxなどのオープンソースを軸にしたIT産業振興で地方自治体の先頭を走って」ってあったけど、本当かな? … Linux うんぬん以前に相当IT産業振興が遅れていると思うけど。というより、土建屋がまだまだ主流なんだからしょうがない(って、自分の地元の事だけをイメージしてもしょうがないか … (^_^) … 札幌は若干すすんでいたのかもしれない)。

まあ、一番大事なのは「ビジネスの味噌」な部分・・つまり「マーケティング」含めた<市場開拓・調査>部分のノウハウのようにも思えるわけで・・(北海道にいるとどうしても市場との温度差というか、そういったものを感じざるを得ない … 特にタイミングと金勘定の見積もり)・・とすると、MSと組む事によるメリットも相当出てくるかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中