オープンソースの“拠点”に風穴? — MS & Hokkaido

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/WAT/NEWS/20040629/1/

「マイクロソフト社が、北海道のIT産業振興に協力する」というニュースが出ていたのだが・・・しっかし、僕が北海道からいなくなってMSのすぐ近くに引っ越したとたんにこういうニュースがあるのも笑えるが。(^_^) … マイケル・ローディング氏も来てたとか言ってたような。

「北海道は沖縄県などと共に、Linuxなどのオープンソースを軸にしたIT産業振興で地方自治体の先頭を走って」ってあったけど、本当かな? … Linux うんぬん以前に相当IT産業振興が遅れていると思うけど。というより、土建屋がまだまだ主流なんだからしょうがない(って、自分の地元の事だけをイメージしてもしょうがないか … (^_^) … 札幌は若干すすんでいたのかもしれない)。

まあ、一番大事なのは「ビジネスの味噌」な部分・・つまり「マーケティング」含めた<市場開拓・調査>部分のノウハウのようにも思えるわけで・・(北海道にいるとどうしても市場との温度差というか、そういったものを感じざるを得ない … 特にタイミングと金勘定の見積もり)・・とすると、MSと組む事によるメリットも相当出てくるかな。

Two Years

去年の今ごろ、POP/SMTPサーバでいいのが無いかな~としらべた際、和製のメーリングリスト管理システムのページからJamesというメールサーバーを発見。なんか面白そうだけど日本語ドキュメントがないなと思って和訳を作ってから、ちょうど今日で2年が経つんだな~。

特にこの1年間は海外とのやりとりが多かったな、とは思ったけど。私も自分なりに「コミュニティ」に対する思い入れというか<概念>はもっていたわけで。それが「日本 vs. 海外」による相違点か「一般コミュニティ vs. 技術系コミュニティ」による相違点か・・まあ、色々と斟酌すべき点はあったんだろうけれども。概して、「勉強になった」なあ、と思う。「日本人のよさ」というのも浮き彫りになったしネ・・やはり、「クオリティ(品質)の向上」という部分(ウェブページにせよ製品そのものにせよ)でもっと日本人が活躍できるフィールドはあるよ、うん。

自分は大体何事に措いても2年間くらいで飽きちゃう性分なので・・(でも、殆どのものが半年だったりはするんだが。2年間もつのは結構長いほうだったりはする・・・最大手通信教育会社であるベネッセ・コーポレーションの仕事が今までの最高だったな、そういえば)・・ま、こんなもんだろうな。
いろんな「天才肌の」技術者と交流できてしあわせだったな。まだまだ埋もれてはいたけど(表立って出てこないけど)、非常に多くの天才プログラマがいるよ、あそこには。うん。・・・いやあ、白状すると・・・組織体に順応な開発者なんて世界中に腐るほどいるわけで・・わざわざあそこで見つける必要も無い。多少独裁的なやつであってもともかく天才肌の方と出会いたかったっていうのもあったわけで。まあ、あるいはマネジメントの天才とかね。