Cross-Pollination issue, again

Cross-Pollination issue, again

去年の今ごろだったかな。ASFの(この前就任)Board でもあるステファノ氏が某所で「ASFのメンバーシップには<Cross-Pollination>の精神が大事」とかそういったような事をばりばりっと書いてた(イタリア人なのによく英語書けるよなぁと感心した(^_^))。
まあ、Newsletterにせよapachenews.orgにせよ、実は彼の言っていたこの「Cross-Pollination」を<正に>具体化するためのものだったわけだけど。・・・オレは彼の言う事を信じたのになあ、ちくしょう(涙)。

まあ、Apacheもあれだけプロジェクトが多くなると、誰が誰だかさっぱりわからない状態だろうし(Committerは800人くらいいる)、情報も分散しがち(ENGLISH-NATIVEにすらわからないものを(^_^)、何故にJapaneseがわかるんかいな?って感じだな。ぼそぼそっ。)だなあ、というのもあったんで、中央集権に出来るだけならないようなスタイルで情報を<コレクト>する手法を模索してたわけだ。

・・でも、正直言えば、こういうのってやっぱり<最初の>強い「イニシアティブ」がなければ無理だな、って思う。あ、勿論、<”vote, vote なんでも vote” 的 な>「コミュニティ」が良くないといってるわけでもないし、アンディ(やマーク=フルリ)のような「独裁的」なのが良いといっているわけでもないわけで。。。。要はバランスの問題だな。

話は戻って。

Apache Jakarta にせよ Apache XML にせよ、「情報交流」がしっかり出来るスペースさえ確保できるんであれば、分解して <federative> にしてもよいなあ、とは思ってたんだよね・・。情報がスムーズに流れる事は大事なので(例えば、Apache James が Jakartaのトップからリンクされてないと、多分見に行く人はいないだろうなあ、とか。(^_^))、そうした設計は意図的にやらなければならないと思うわけだが。
こういうのは、jakarta.apache.org の TOP のアクセス数や http://www.apache.org の TOP のアクセス数(実は若干前者の方が多かったりする。1.3 – 1.5 倍くらいかな)・・あるいは配置、マーケティング手法等踏まえて出来る限り「開発者のメリットにもなる」方法を提示できれば面白いなあ、と思うんだけど。どんどん分断されていくとちょっと悲しいよネ。

・・でも、内心、「何故もっと<アナウンスメント>を有効活用しないのかなあ?」と不思議でしょうがないのも事実。例えば、ちょっと前の(今も若干そうか?(^_^))BSFのように開発者が少ないところであれば、「開発者募集」をannouncement@jakartaとかgeneral@jakarta に流す、とかネ。www.apache.org のトップページを利用するとか。もっと「アピール」したらどうかな?と思うわけだ。これこそ、「Cross-Pollination」のうまいやり方だと思うわけで・・・(committers@ を使うとか。この前XMLBeansBEA以外のCommitter募集してたときなんかは「なんでcommitters@ つかって募集しないのかなあ?」と思ったものだ。)。と、日本語で書いてみたところで、Apache.orgのメンバーな人間が見るわけでもないか・・・英語で書くのも面倒だな・・・誰か、「日本語」<->「英語」の「Cross-Pollination」やってみます?(^_^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中