Java Wakes Up Sleepycat

Berkeley DB の Java Edition がリリースされたらしいSleepycatより。今回はベータではなく製品版。

殆どのプロジェクトで、「リレーショナルデータベース」を無駄に使っているケースが散見されますが、Berkeley DB Java Edition はかなりの部分「無駄RDBMS」を意識しない設計を可能とするでしょう。

まあ、ロギング(やティッカー)にRDMSを使ったりするプアな設計よりは、Berkeley DB Java Edition でファイル化して1日1回なり(1時間に一回なり)「固めて」おいてオブジェクトとしてRDBMSに格納するような手法を取った方が効率的でしょう。まあ、RDBMSなんぞは使わなくても*勿論*良いわけですが。

ともあれ、「Write Once … 」な精神からすれば、Berkeley DB Java Edition は*かなり*賢い選択肢のひとつになるような気はします。

Appendix:

Apache Directory Project の Alex Karasulu 氏によれば、

“Berkeley DB Java Edition will, without a doubt, be the de facto standard Java API for manipulating BTree databases.”

だそうです。的を得てますねえ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中