親切心の逆効果 – Opposite Effect of Kindness

Opposite Effect of Kindness / Meddling

「親切心の逆効果」という言葉がありまして….まあ、これがことわざとかにもあるのかどうかわかりませんが、僕自身はManga(笑)の「ハイスクール奇面組」(High School Kimen-GUMI)が大好きだったためこの漫画に登場する一フレーズとして覚えているんですが…

「奇面組」自体、結構自分の生き方を反映しているような気もしているので、結構好きだったりするわけですが。特に、エンディングで使われていた「ちょっと辛いあいつ」という歌の内容が密かに好きだったりします。

「親切心の逆効果」を端的に表現しようとすると、「お互いに避けようとして正面衝突してしまう」自動車や自転車の例を挙げると非常にわかりやすいでしょう。どちらかだけが「親切心」を持っていてどちらかが「Wicked」(笑)であれば、お互いに<同じ方向>に避けることも無いので正面衝突は避けられますが….相手を思う気持ちがある故に起こる出来事。そして、相手の「親切」がわかるが故にまた辛くなる。・・・何度死んでも死に切れ無いほどの辛さ。:-)

夏目漱石の「草枕」に、こういう言葉があります(冒頭です)。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。」・・・理屈を通そうとすると(智に働けば)、人との間がぎくしゃくして角がたち、人に情けをかけると(情に棹させば)引きずられて自分までも危うくなる。自分の意地を貫こうとすれば、人間関係を損なうこととなってしまう。とにもかくにもこの世の中は住みにくいのである・・といった事を言っています。

「親切心の逆効果」は、「情に棹させば」に若干通じるものがありますネ。確かに、「自分がいないと….」と人間考えがちでついついお節介をしてしまう事がありますが(meddling)、自分がいなくても世の中は流れて行くもの …. と考えると、気持ちが若干楽になるかもしれません。
この「お節介」という言葉自体は極めて「日本的」なもので、海外には全く「理解されない」ものかもしれません。まず「お節介する前に」「自分を磨け」が基本でしょう。「親切」は「親を切る」と書きます。親子関係でも「理解」が大変である事は周知の通りですが、まして他人となると「相手の身」になる事はなかなかむずかしいもの。(尚、「切」という言葉自体は、刃物をぴったりとくっつけて切ることを表したもので、基本の意味は<切る>ことですが、そこから派生した意味も沢山ありまして、その一つが「程度の深刻さを示す」意味 -非常に- です。親切は「相手に<親しみ>を感じ、心配りを<非常に>手厚くすること」の事)・・・まして、気をゆるめればすなわち「時代」や「世間」という波に足をすくわれてしまいます。

鴨長明の言葉にこんなのがあります。
「鳥は林を願ふ。鳥にあらざれば、その心をしらず」
鳥を飼う人がいる…しかし、鳥は林に帰りたいと思う…鳥では無い人間は鳥の考えや思いはなかなかわからない、という事ですネ。物凄い葛藤だってことは本当によくわかる….けど、いわゆる「お節介」も程程に、という自戒の言葉にはなるような気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中