親切心の逆効果 – Opposite Effect of Kindness

Opposite Effect of Kindness / Meddling

「親切心の逆効果」という言葉がありまして….まあ、これがことわざとかにもあるのかどうかわかりませんが、僕自身はManga(笑)の「ハイスクール奇面組」(High School Kimen-GUMI)が大好きだったためこの漫画に登場する一フレーズとして覚えているんですが…

「奇面組」自体、結構自分の生き方を反映しているような気もしているので、結構好きだったりするわけですが。特に、エンディングで使われていた「ちょっと辛いあいつ」という歌の内容が密かに好きだったりします。

「親切心の逆効果」を端的に表現しようとすると、「お互いに避けようとして正面衝突してしまう」自動車や自転車の例を挙げると非常にわかりやすいでしょう。どちらかだけが「親切心」を持っていてどちらかが「Wicked」(笑)であれば、お互いに<同じ方向>に避けることも無いので正面衝突は避けられますが….相手を思う気持ちがある故に起こる出来事。そして、相手の「親切」がわかるが故にまた辛くなる。・・・何度死んでも死に切れ無いほどの辛さ。:-)

夏目漱石の「草枕」に、こういう言葉があります(冒頭です)。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。」・・・理屈を通そうとすると(智に働けば)、人との間がぎくしゃくして角がたち、人に情けをかけると(情に棹させば)引きずられて自分までも危うくなる。自分の意地を貫こうとすれば、人間関係を損なうこととなってしまう。とにもかくにもこの世の中は住みにくいのである・・といった事を言っています。

「親切心の逆効果」は、「情に棹させば」に若干通じるものがありますネ。確かに、「自分がいないと….」と人間考えがちでついついお節介をしてしまう事がありますが(meddling)、自分がいなくても世の中は流れて行くもの …. と考えると、気持ちが若干楽になるかもしれません。
この「お節介」という言葉自体は極めて「日本的」なもので、海外には全く「理解されない」ものかもしれません。まず「お節介する前に」「自分を磨け」が基本でしょう。「親切」は「親を切る」と書きます。親子関係でも「理解」が大変である事は周知の通りですが、まして他人となると「相手の身」になる事はなかなかむずかしいもの。(尚、「切」という言葉自体は、刃物をぴったりとくっつけて切ることを表したもので、基本の意味は<切る>ことですが、そこから派生した意味も沢山ありまして、その一つが「程度の深刻さを示す」意味 -非常に- です。親切は「相手に<親しみ>を感じ、心配りを<非常に>手厚くすること」の事)・・・まして、気をゆるめればすなわち「時代」や「世間」という波に足をすくわれてしまいます。

鴨長明の言葉にこんなのがあります。
「鳥は林を願ふ。鳥にあらざれば、その心をしらず」
鳥を飼う人がいる…しかし、鳥は林に帰りたいと思う…鳥では無い人間は鳥の考えや思いはなかなかわからない、という事ですネ。物凄い葛藤だってことは本当によくわかる….けど、いわゆる「お節介」も程程に、という自戒の言葉にはなるような気がします。

パンドラの箱 – Pandora’s box in digital-society

最近、とみに「表現の自由(Freedom of Expression)」「報道の自由(Freedom Of The Press)」と「プライバシー権(Self-Privacy Control Rights? — Do we really have such rights?)」についての議論が高まっています。直接的なきっかけは、週刊文春による「田中真紀子長女記事」と出版の事前差し止め(前代未聞ですねえ)という事件です。この事件が及ぼす影響は非常に深い深いものがありそうです。

「表現の自由(Freedom Of Expression)」「報道の自由(Freedom Of The Press)」に関して言えば、「マクロな責任/ミクロな責任」(Macroscopic responsibilities vs. Microscopic responsibilities)に絡み、「マスメディアが<ミクロな責任>ばかりを追求してきたため、極めてお粗末な内容の報道や記事が増えた」という事を感じて居ますが、それにせよ、マスメディアが目指すべきは「マクロな責任追及」 – 権力の暴走の抑制/自己権力の抑制 – であって、瑣末なところでの責任を負うべきではない … マスコミによる暴走に対する救済はあくまで私人間の「民事的」解決によってなされるべきでしょう。

ただ、最近、「個人情報保護法案をめぐる論争」(去年)をきっかけに…というか電子政府/e-Japanを含め、非常に不穏な動きが多いような気がします。一番良い例は、Yahoo BB! の個人情報流出事件。最近、ヤフーBBの事件を「ここぞとばかり」に、政府が「個人情報保護の基本方針」なるものをまとめ、ますます介入の意向を強めようとしています。Linuxの脆弱性についても、MSシンパであればセキュリティホールなど簡単につけるでしょうし(Linuxカーネルあたりは研究し尽くしているでしょうし … Linux,Linuxや「セキュリティ」と世間が騒ぐほど、<爆弾>が仕掛けられる可能性は高い気はします)何か、「毒を持って毒を」的な安易性の風潮が世界を支配しつつあるように見え、非常に警戒しています。ウィルスによるSCOへの攻撃も、非常にきな臭い。

もしかするとこれが「コンピュータ/デジタル社会の悪しき点」であり、私たちはその「副作用スパイラル」に入りつつあるのかもしれません。自分の説なり論理を押し通すために「自作自演」というのも考えられる…そうじゃなければこんな「これみよがし」に事件が続くはずも無い — コンピュータ社会は「自作自演」しやすい社会かもしれない。

それにしても、今回の記事の件は、「とんで火に入る夏の虫」的でタイミング(と取材対象)は非常に悪かったですネ。パンドラの箱がついに開いてしまったかな~、という気がしなくもありません。今まで「皮一枚で」死守してきたもの(表現の自由と公的権力の介入の否定…検閲の禁止)が一気に崩された感じですネ….これで論理構成(特に「前例」という名の論理)の図式は一気に変更を強いられる事になるので、「悪しき突然変異」が起きるのも間も無いでしょう。
・・・まあ、なんにせよ、業界なり企業なり省庁なりの「エゴ」「エゴ」「エゴ」のむき出しは見苦しいですネ。