AKIRA – 諦 (あきら) める = give-up + clear vision

AKIRA – 諦 (あきら) める

「諦める」 (あきらめる) という言葉があります。非常に味わい深いなあ、と思ってしまう(漢字のつくりからしてもそうですが、言霊的にも) この言葉は元々、「あきらかにする」 という意味。 一般には、釈迦(Gautama/Buddha)が悟った真理は、四諦八正道であると云われていて、四諦(したい)とは苦諦(くたい)、集諦(じったい)、滅諦(めったい)、道諦(どうたい)で苦悩の原因 (四つの真理) についての分析であり、八正道はその解決法であり中身は道諦の内容とされています。

四つの真理とは、
(1)苦諦 : 一切は苦であるという真理
(2)集諦 : 苦の原因についての真理
(3)滅諦 : 苦の滅尽についての真理
(4)道諦 : 苦の滅尽の方法
の四つをさします。

実際、辞書をひもといてみると、「諦観(ていかん)」について
1. 物事の本質を明らかに見通すこと。(clear vision)
2. あきらめること。(resignation)
とあり、#1 で「あきらか」「める」との語源の意味が残されて居ます。

実際にわたしたちは、何か対象に対してどうにかしようという行動や衝動や気持ちを諦めなければ衝動の中に潜む「偏見」「思い込み」を排除して覚りの境地に到底達しえる事はない、とも言えますし、リラックスして本来の自分に戻って行くことが覚りへと向かう道である、とも言えます。「帝」が「言」う(「言う」は「悟って他に発する」)に至る境地への過程、と捉えるのが妥当でしょう。

invisible -> visible … 私たちの人生はこの「あきらめ」という<苦>の繰り返しなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中