Wings over Asia Africa – アジア・アフリカの翼NPO

JAPANESE FOLLOWS AFTER ENGLISH

 

Wings over Asia Africa
Establishment of Non Profit Organization (Not yet established as of January 2015)

–Tetsuya Kitahata

Activities:
1) Summer camp seminar to the gifted, excellent pupils and students in Asia (Wing: Gifted children for Asians)
2) Summer camp seminar program in Asia that reeducates top-class human resources of science and technology course as entrepreneur (Wing: iFEST Program Japan)
3) Contributes to Africa the supplements that doe’t require water, and even Muslims can take it. (Wing: Fountain of Africa)
4) Educational campaign of open source software in Asia Africa. Support to an Europe and America open source group from Asia (Wing: open source initiative)
5) Aim for other NPOs, Foundations, Charities, etc. (Wing: Global Charity Network)
6) Other various businesses (Wing: object for industrial corporation tax)
————————————————————

Wing: 1) “Gifted children for Asians”

Most of the world’s population belongs to Asia. All the people feel it though the domination of Europe and America has been exaggerated by a historical flow,but now it is an age of Asia.
It is needless to say to have accomplished high economic growth because of the consumerism culture of the European and American style. Moreover, economic growth in Japan was brought by big advancement of the science and technology, and the richness of daily life that we are receiving is also a result of the development of the science and technology. However, what we have lost as compensation for the beneficence by various sciences is abundant. It is environment, ecosystem, etc. and various a lot of other problems etc.

“The mistake by the science can be cured only in the science and morality.”

With the one sentence written above, our mission comes to develop the talented (The Gifted) and to promote talented who bears the science of the entire world of the future in Asia by installing the chance to touch a part of the scientific inquiry directly exceeding the frame of the school training for a person who has zest for the science and an excellent nature among the child, the pupil, and the student who has received the current school education. It is clear that this is greatly useful for the promotion of the science of Asia and the world. Moreover, it is thought that the enlightening activity and the moral instruction to deepen recognition to the science widely can be executed, and it contribute to the promotion of the science of Asia and the world surely in various places. Up to now, the wing of the foundation mathematical principle science promotion association that the Dr. HIRONAKA HEISUKE tries the chief director and the specific non-profit-making corporation mathematical principle has executed “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” in Japan for the achievement of this target every year and the frequency came to exceed 35 times.
Moreover, the participant’s total also exceeding 3,000 people, and they are taking active part in various fields of the science in Japan and overseas.
Therefore, we try to expand view to Asia, to make “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” take root in Asian whole land, and found “Gifted child of Wing of Asia” (fund for leader of the next generation who has talented to become champion and to make enlightened base) which non-profit-corporation to contribute to the development of “New and science” that reform “Mistake that the science violated”, and to contribute to the society.
The purpose of the activity is to do the promotion to child, pupil, and student who interested in the science as human resource who bears the next generation. Moreover,in relation to it, the proposal and the enlightening activity concerning the science are widely done to the many unspecified citizens and groups, etc. and it contributes to the improvement of public interest such as Social Education,Child’s health promotion, Moral instruction etc.. Especially, it is the one of the biggest purposes to execute “Suuri no Tsubasa – Summer Seminar of the Mathematical Science, Wings of Science” other than Japan to leaders in each country for the next term continuously.

Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Gifted children for Asians”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 2) “iFEST Program JAPAN” :
– International Foundation for Entrepreneur – Science and Technology –

Description

iFEST exists to cultivate the next generation of world-class knowledge entrepreneurs, cooperating across international borders to expand economic opportunities and to find solutions to global challenges. iFEST is a recently established non-profit institution based in the US, recognized under Internal Revenue code 501(c)3.: iFEST – International Foundation for Entrepreneur – Science and Technology

Vision

We live in a time when the world has become subject to rapidly increasing globalization and technological change. Yet within most US schools, universities, public policy and other institutions, connections to international economic and technological communities are lacking or absent. Existing connections do not provide enough transnational opportunities for young people to gain the knowledge, skills, contacts, and entrepreneurial learning experiences needed to navigate their careers, and in the process build the next generation of innovation and growth for their communities and their nations. In the American case, foreign language skills and practical knowledge of the larger world outside the US has declined dramatically at the grass roots. This lack of understanding and eroding common ground between the US and other nations has already had enormous consequences. Needed is an organization that can rally all the public and private stakeholder behind the goal of creating new opportunities for career relevant collaboration and mentoring for young people, and thereby broaden the base of support for free enterprise and international cooperation around the world. iFEST is that organization.
iFEST is unique. No other public or private institution exists that focuses on working in an integrated transnational manner with partners in business, academia, philanthropy, and government toward nurturing the innovative start-up development capacity of the rising generation of young people, in preparation for global economic realities.

Execution

iFEST will stimulate a more robust transnational innovation and entrepreneurship community through a number of programs that include:
Cultivating the next generation of global science and engineering entrepreneurs via International Innovation Camps bringing students and mentors together from around the world for cooperative hands-on technical learning in the laboratory and field, integrated with entrepreneurial coursework and enterprise development;
Organizing a global community of angel investors, mentors, and students through an International Angel and Mentor Network (iAMNet), to learn from each other and co-invest in student projects from the Innovation Camps and other programs;
Promoting transnational management training and entrepreneurial talent development through iFEST Residential Workshops and Fellowship Programs in an overseas industrial setting;
Increasing international dialogue through high level policymaker exchanges, via the iFEST Legislators’ Innovation Policy Exchange Program (LIPEP) for members of Congress and staff to meet with their foreign peers in overseas study retreats to jointly explore the policy prerequisites for innovation and free enterprise; and
Assessing new needs and priorities through surveys, and analytical research relevant to public policy-making and private sector investment decisions.

Supporters

iFEST advisors include Sundeep Dugar (Sphaera & formerly J&J Pharmaceuticals), Yuan Youxin (National Natural Science Foundation of China), Sunil Paul (Spring Ventures, Brightmail & Freeloader), Nadeem Ahmed (Google), Jack Fensterstock (Phoenix Associates & China Capital Corp.), Sadiq Ahamed (Incture & formerly Dell), Gordon Flake (Mansfield Foundation), Mariana Bosezan (SageEra), Harvey Scott (Rolls-Royce), Robert Chernow (Rensselaer Polytechnic Institute & formerly Kauffman Foundation), Richard Dasher (Stanford University), Andy Hargadon (UC Davis), Susan Sclafani (Chartwell Group & formerly US Department of Education), Rao Buddhavarapu (ObjectOne Information Systems), Ryan Wilson (X Prize Foundation), Ann Korando (BBF&K Consulting), and Guillermo Sohnlein (Fortivo).

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“iFEST Program JAPAN (International Foundation for entrepreneur – Science and Technology)”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 3) “Fountain in Africa”

The message from the donor etc. are translated into three languages (English, French, and the Arabia language) for the refugee camp in Africa. Moreover, it aims the supply of the supplement that even Muslim can take it with the transport aircraft to pinpoint mainly. Considering of a geographic situation of Africa, “Portability”,”Convenience”, and ” Needless of water” are necessary for this supplement.
We use “AGEL, INC.” Products in order to establish these tasks above.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Fountain in Africa”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 4) “Open source initiative”

At present, we who exist in the highly-networked information society are shifting from propriety (state that only a certain group is owned software and managed) to open source (It is indicated the source code,and patch/correction is prepared if there is a necessity.) However, most of the group of open source is Europe and America, and open source from Asia including Japan is very little in the past like Ruby etc. Moreover, when Japanese firm and the enterprise in Asia support and sponsor(invest) the group in Europe and America, a tax favor cannot be received.

Our main purpose makes open source from Asia take root all over the world more deeply and, the sponsor support to groups other than Japan is facilitated, and it contributes to the development of all open source.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Open source initiative”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
—-

Wing: 5) “Global Charity Network”

Due to the current major economic downturn, charities, foundations, and other organizations are facing major new challenges in their fundraising efforts. Partially as a result of this, the relatively new strategy of raising funds through “embedded giving” is rapidly gaining favor.

Due to the current status of our economy, charities, foundations, and other other non-profit organizations are being increasingly challenged in their fundraising efforts. A further impediment is President Barack Obama’s recently announced $3.6 trillion budget that calls for reducing significantly the maximal tax deduction for Americans who make charitable contributions.
Historically, for example, Americans have been entitled to deduct from their taxable income the donations they make to government-approved charitable organizations. This deduction has been applied at the highest marginal rate paid by the taxpayer. Taxpayers in the highest tax bracket, for example, have been able to write off 35% of their charitable contributions.

In the new legislation, the charitable deduction would be capped at a 25% rate, significantly reducing the total tax write-off. According to some projections, this new taxation plan will result in an annual reduction in overall donations of up to $5 billion.

Our new challenges is that a relatively new approach to fundraising has been gaining favor. It’s commonly known as “embedded giving,” which can be generally defined as a form of charitable donation that is built into a larger, unrelated financial transaction.

February 09, 2010
Non Profit Organization: Wings over Asia Africa
“Global Charity Network”
Establishment representative Tetsuya Kitahata
————————————————————

 

 

Date: Wed, 13 Jan 2010 16:14:15 +0900
From: Tetsuya Kitahata <kitahata@99.alumni.u-tokyo.ac.jp>

NPO法人 アジア・アフリカの翼

事業内容:
1) アジアにおける優秀な生徒・学生に対するサマーキャンプ
(アジアの翼ギフテッドチャイルド)
2) アジアにおける、科学技術系の優秀な人材をアントレプレナーとして
再教育するサマーキャンププログラム(iFEST Program Japan)
3) イスラム教でも摂取可能で水のいらないサプリメントをアフリカに寄与
4) オープンソースソフトウェアのアジア・アフリカにおける啓蒙活動
欧米オープンソース団体への支援をアジアから
(オープンソース・イニシアティヴ)
5) その他各種事業(事業法人税対象)

—-

1) 「アジアの翼ギフテッドチャイルド」

世界の圧倒的多数は、アジアに存在する。歴史的な流れにより欧米の優位性が
誇張されてきたが、今や、だれしもが感じている、そう、アジアの時代である。

我々は、欧米型の大量消費文化により高度経済成長をなし遂げてきた事は言うま
でもない。また、日本における経済的発展は、科学技術の大いなる進歩によると
ころも大きく、我々が享受している日常生活の豊かさも科学技術の発展の賜物で
ある。
しかしながら、様々な科学による恩恵の代償として我々が失ってきたものも
数多い。環境、その他多岐にわたる問題や生態系、その他各種に及ぶ。

「科学による過ちは科学と道徳でしか治せない」

上の一文を持って、アジアの中で、現状学校教育を受けている児童・生徒・学生
の中で、科学に対して強い興味を持つものや、優れた素質を持つものに対して、
学校教育の枠を超え、科学研究の一端に直接触れるような機会を設けることで、
その才能を伸ばし、将来の世界全体の科学を担う人材を育成することとなる。こ
のことが、アジア・世界の科学の振興に大きく役立つことは明らかである。また
各地において、遍く科学に対しての認識を深めるための啓発活動、道徳教育を実
施することも、同じく、アジア・世界の科学の振興に必ずや寄与するものと考え
る。この目標の達成のために、日本に於いてはこれまで広中平祐博士が理事長で
ある財団法人数理科学振興会ならびに特定非営利法人数理の翼は、毎年、「数理
の翼セミナー」を実施してきており、その回数は 30 回を超えるまでになった。
また、その参加者の総計も2,000 名を超え、科学の様々な分野で活躍している。

よって、ここに我々は、視野をアジアに広げ、「数理の翼セミナー」を同様に
アジア全土に根付かせ、「科学が犯した過ち」をあやめたらん「新・科学」
の発展に寄与するべく、非営利法人 アジアの翼ギフテッドチャイルド
(才能のある次世代のリーダーがチャンピオンとなり啓発を行っていく土壌を作る
基金)を創設し、社会に貢献しようとするものである。その活動の目的は、科学に
対して興味を持つ児童・生徒・学生に対して、次世代を担う人材としてその育成を
行うこと、および、それに関連して、広く不特定多数の市民・団体等に対して
科学に関する提言や啓発活動を行い、もって、社会教育、子どもの健全育成、
道徳教育などの公益の増進に寄与することである。特に、日本以外の
「数理の翼セミナー」
を各国の次期リーダー達に対して継続的に実施していくことは、そのもっとも大きな
目的の一つである。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
アジアの翼ギフテッドチャイルド
設立代表者 北畠 徹也

—-

2)「iFEST JAPAN」(iFEST の日本における窓口)

<概要>

iFEST は、国境を越えた協力体制に基づいて経済的機会を拡大し、グローバル
課題への解決策を見出すため、世界的レベルに値する次世代の知識の起業家を
育成するものである。発足して間もないiFEST は、米国に本拠地を構え、
国税収入局の規約501(c)3 により認可される非営利機関である。

iFEST:
International Foundation for Entrepreneurship Science and Technology

<基本理念>
私たちが生きる現代、世界は急速なグローバル化や科学技術の変化に翻弄されて
いる。しかし米国の殆どの学校や大学、公共政策その他の機関では、経済や科学
技術の国際的コミュニテイとの繋がりは乏しい、或いは皆無である。若者
がそのキャリアの舵取りをしていくために必要な知識やスキル、ネットワーク、
起業家としての学習経験、またその習得過程で、それぞれの国や地域社会に貢献
できる次世代の革新・成長のために構築される基盤は、既存のつながりから得ら
れる国際経験の機会では事足りない事は言うまでもない。
特に米国の場合、外国語スキルや、広い世界についての実践的な知識は、根本から
劇的に衰退している。この理解の欠如や米国と多国間の共通点の衰えは、既に重大
な結果を招いていることは遺憾の意に堪えないものがある。
今、我々に必要なのは、若者を指導していくことを目的に職業(就業)関連分野
で共に協力し合う官民関係者を結束させ、それによって世界各国の自由企業・
国際協力体制を支援することのできる組織であり、それが、iFEST である。

iFESTはユニークな存在である。新しい世代の若者たちがグローバル経済の現実に
立ち向かうことのできるよう、革新的なアントレプレナーシップ能力の育成に
焦点を合わせ、ビジネス界、学術研究機関、慈善事業、政府パートナーらと共に
統合的かつ国際的に取り組む組織は、官民問わず、他に例を見ない。

<実施>

iFEST は、次のプログラム内容例を通し、国境を超えた強固な革新・起業家
コミュニテイづくりを促進させる。
・ 各国の学生や指導者を集め、国際的なイノベーション・キャンプを開催し、
グローバルな科学・工学分野の次世代起業家の育成を図る。起業家学習課程や
事業開発と、研究室・現場の共同作業を通じた実践的な技術学習の統合を図る。
・ 国際的なエンジェル&指導者ネットワーク(iAMNet)を組織し、エンジェル
投資家や指導者、学生らのコミュニテイをつくる。互いに知識を共有し、
イノベーション・キャンプその他プログラムの学生プロジェクトに対し共同
投資を行う。
・ iFEST の海外産業環境滞在ワークショップや研究員プログラムを通じた、
国境を越えたマネジメントトレーニング・起業家の才能開発を促進する。iFEST
議員革新政策交流プログラム(LIPEP)による国際対話の機会を増やし、高レベル
政策決定者間交流を促進。海外研修旅行を通じ、米連邦議会議員やその
スタッフが外国の立法者らと共に革新や自由事業の政策的必要条件などを検討。
・ 世論調査や、公共政策・民間セクターの投資決定に関連する分析的研究を通じ
新たなニーズや優先順位を評価

詳しくはこちら: http://www.ifest.info/

<支援者>

iFEST は、次の方々のご支援を戴いている(敬称省略)。
SundeepDugar (Sphaera 、旧J&J Pharmaceuticals)、
Yuan Youxin (中国国家自然科学基金委員会)
Sunil Paul (Spring Ventures, Brightmail & Freeloader)
Nadeem Ahmed (Google)、Mariana Bosezan (SageEra)
Jack Fensterstock (Phoenix Associates & China Capital Corp.)
Sadiq Ahamed (Incture、旧Dell)、Harvey Scott (Rolls-Royce)
Gordon Flake (Mansfield Foundation)、Andy Hargadon (UC Davis)
Robert Chernow (Rensselaer Polytechnic Institute、旧Kauffman Foundation)
Richard Dasher (スタンフォード大学)、Ryan Wilson (X Prize Foundation)
Susan Sclafani (Chartwell Group、旧米教育省)
Rao Buddhavarapu (ObjectOne Information Systems)
Ann Korando (BBF&K Consulting)、 Guillermo Sohnlein (Fortivo)

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
iFEST JAPAN
設立代表者 北畠 徹也

—-

3) 「アフリカの泉」

アフリカの難民キャンプに対し、寄付者からのメッセージなどを、
英語、フランス語、アラビア語の3言語に翻訳し、輸送機等で
ピンポイントにムスリムでも摂取可能なサプリメントを供給すること
を主たる目的とする。
アフリカの地理的な状況を鑑みて、サプリメントには「携帯性」「利便性」
「水がいらない事」が必要となる。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
アフリカの泉
設立代表者 北畠 徹也

—-

4) 「オープンソース・イニシアティヴ」

高度情報化社会にいる我々は、現在、プロプライエティ(一定の団体のみが
ソフトウェアを所有し管理する状態)からオープンソース(ソースコードを
開示し、必要があればパッチ/修正を用意とするもの)へと移行しつつある。
しかしながら、オープンソースの団体のほとんどが欧米であり、過去、日本を
含めたアジア発のオープンソースはRubyなどごくわずかであり、また、日本
企業やアジアの企業が欧米の団体を支援・スポンサーする際は、税的な恩恵を
受ける事が出来ない。

我々の目的は、アジア発のオープンソースをより深く世界中に根付かせること、
そして、日本以外の団体へのスポンサー支援を容易にし、布いては遍くオープン
ソースの発展に寄与することを主たるものとする。

平成 22 年 02 月 09 日
非営利法人 アジア・アフリカの翼
オープンソース・イニシアティヴ
設立代表者 北畠 徹也

——————————————————————–

正会員 1口 20,000円/年間
賛助会員 1口 10,000円/年間
個人会員 1口 5,000円/年間

 

—-

(追記)

尚、NPOの設立予定をはじめは東京都あるいは北海道にしていましたが、現在は東南アジアでダイレクトにと考えています。

ご連絡は、

kitahata@99.alumni.u-tokyo.ac.jp
宛にお願いいたします。

Sponsorship of Apache Software Foundation – Tetsuya Kitahata

Apache Software Foundation のスポンサーだった頃(年間60万円)の資料が出てきたので、リンク。

 

The Apache Way – Apache & Sponsors
http://www.slideshare.net/jaaronfarr/the-apache-way/31-Apache_Sponsors_Airplus_International_Matt

 

asf_sponsor

ギフテッドと発達障害と精神疾患と・・

ブログをあまり更新していない中、「ギフテッド」に関するキーワードの検索が多く来ているので、一回きちんと整理した形の事を書いておいたほうがイイのかなと思っていますが。

 

ギフテッドの定義を再度書き込んだうえで説明した方がいい気もしますが、取り敢えず、

・ギフテッドであれば、発達障害の何らかの症状、は出ている事が多い。

・発達障害、特にADHDであれば、「鬱」になった時に抗鬱剤を飲ませられるなどして、一時的な「躁」となって、それが原因で「双極性障害II型」の診断を誤ってウケてしまう事はあり得る。

と書いておきます。

知りたい話などありましたら、コメント欄などを活用ください。

 

LINE@

友だち追加数

画像

第3期NewsPicksプロピッカー自薦メモ/tkitahata

20150317_200920

プロピッカー第3期応募します(自薦)。文面を追加変更して再応募です。「アゴラ」に寄稿するようになったのがきっかけでNewsPicksの利用を本格化しましたが、おそらく二年前から登録はしております。
小生の経歴は、アゴラへの寄稿のシグネチャやNewsPicksでのプロフィールに記述されております。現在、タイ王国バンコク都に住んでおりますが、ASEANメインに周遊を暫く繰り返しております。ITであったり教育であったり、様々な専門に近いものは持っております。解りやすい例で言えば、オープンソース界の雄である、アパッチ財団のコミッタやスポンサーであったことが挙げられるのでしょうが、それに拘っただけのピックでは広くピックが出来ないと考える次第です。
大体、今年の3月か4月頃から本格的にコメントを出しています。勿論、私を嘘偽り無く広く知ってもらう為に過激な事を書いている事も承知しています。プロピッカーになれるのであれば、例えばlikeの数が5以下のものは全て削除して下さい、などと依頼をかけた上で、過去のコメント削除などもして行くつもりです。コメントは自由にやりたいとは思いますが、空気は適切に実は読めていますので、ご心配頂く事も無かろうかと存じます。
NewsPicksでコメントを繰り返していると多くのフォロワーさんに囲まれます。若者からフォローされて、心は若いアラフォーとしてメッセージ性のあるものを発信していけているかなとも思っております。自己顕示欲という事では無いのですが、矢張りフォロワーが多く無いと或いは各記事ごとのコメントの順位が高く無いと、見られる可能性が逓減してしまうのが物足りないなとは思っておりました。何時死ぬか分からない状況で、覚悟しながらASEANを渡り歩いている気持ちですので、単なる焦りかもしれませんが。その様な中、プロピッカーと言う門戸が開かれれば、死ぬ前に残せるものが幾許かは増えるのではと期待しております。
今回、コメントのみのピッカーの募集という事になるでしょうか。現在、ASEANはブルネイとミャンマーで10カ国全て制覇する事になりますので、その後はインドやパキスタン、バングラデシュとかも見聞してみたいと思っておりました。冬は厳しいものの、ロシアや旧ソビエト連邦のキリル文字圏にも行ってみたいと思っておりますので、最近入社された川端さんなどとセットで連載や関連コメント出しができるとまた面白いNewsPicksになって発展性があるのでは無いかと感じます。私のフェイスブックのタイムラインを観れる方も貴社に複数いらっしゃいますが、一年間で凡そ30,000点程度のASEANでの写真を撮っております。記事化の際には、著作権の制限をかけない様にしますので、メリットは高いかとも思います。
《以下、追加内容:09/10》
私は、発達障害を抱えております。発達障害は、ギフテッドと呼ばれる、特別な才能を持つ子供に生じる可能性が高く、そして、ADHDという発達障害の一つを抱えると、鬱病のような精神疾患を抱えやすくなります。私は、東南アジアの旅行をするようになってからは、鬱症状に一切なっていませんし、この原因はADHDの思考特殊性によって説明が可能ですが、こう言った点も含めて、日本や世界では研究の成果が、実際の当事者からフィードバックされている事も少なく、また、個人的に付き合いのある方々やアゴラにての寄稿を通じて、カミングアウト後に、似たような症状で悩んできた多くの方を救うことができるようになりました。恐らく、NewsPicksには優秀な人材が揃っており、それ故、私のような精神疾患に悩んでいる人物も多く存在していると考えています。医者では無いので、プロと言うべきなのかは疑問なので悩んではおりましたが、当事者としてプロ、と言う立場で、医者とは違う角度で、ADHD、双極性障害・統合失調症・鬱病、ギフテッド、依存症、などの精神科医療の領域に切り込めるプロピッカーの価値は高いものと思っています。事実、見えていないかもしれませんが、精神科領域のコメントに対するレスポンスは極めて良好でもありますので、客観的にもプロとして求められる素養は押さえていると思っております。経験を通じた内容を早晩電子書籍化もしたいと思っています。
私は、プロピッカーとしてのアカウントは今までのものと別にしたいと思っていますので、ピンポイントに、プロ認定された部分のピックのみをするアカウントをプロとして独立させられる、プロピッカーとして、応募をここに宣言いたします。宜しくお願い申し上げます。

《追加内容 ここまで 09/10》

以上、精査の上、ご判断を賜われれば幸いです。

最後に。現在、ベトナム及びカンボジアを旅行中で、PCの無い環境な為、乱筆乱文につきお許し頂ければ幸いと存じます。お手数をお掛け致しますが、以上、よろしくお願い申し上げます。早々。

株式会社テラ・インターナショナル
代表取締役 北畠徹也 (きたはたてつや)

アゴラ
http://agora-web.jp/author/tkitahata

NewsPicks

https://newspicks.com/user/103453

【アンケート】キュレーションアプリについて

某キュレーションが見事に無視されています、の図(笑)

enq

下記のなかで、いまスマホにいれているアプリはありますか?(複数回答できます)

当てはまるものをすべてお選びください

□Gunosy(グノシー)

□Yahoo!ニュース(ヤフーニュース)

□Antenna(アンテナ)

□SmartNews(スマートニュース)

□LINE NEWS(ラインニュース)

□上記のどれでもない

NewsPicksの匿名性に関して

janus

NewsPicksをやるようになってから気づいた事と言うのは、「金融・マーケット」の分野の盛り上がりが欠ける部分があるという事です。

多分、理由は単純で、独立してやっている人間もそうですし、ましてやサラリーマンでやっている人間と言うのは、本名だと「本音が言えない」と言う処があるからだと思うのですよね。

そして、どうやら、最近「実名と顔写真を登録した上でピックしませんか」と言う提案を運営から貰っている方もいらっしゃるようです。現在、NewsPicks本体だけではなく、NewsPicksのFacebookグループでも話題になっております。

私は、ツイッターやグーグルプラスなどの「Verify」(有名人を主とする本人認証)のような運用を活用すればいいのではないかと思います。フェイスブックのファンページにもあります(私のファンページはVerifyされてます:日本人はホリエモンすらされていないわけですけど・・・Yoshikiとか、ある程度英語でファンページを独自に構築している方しか無理)。グーグルプラスは、ニックネームでもVerifyされるシステムが有るので、それの類似系を模索するのを検討しても良いかなと。で、Verifyがない方は相対的にコメントの価値を下げる。(まあ、Verifyされた人からもらうLikeを相対的に上げるというのもプラスすると良いのかもしれません)

顔写真じゃなく、更に、偽名・匿名と言うのは、あまり私は見たくありません(ハンドル名として明らかなものはOK)。ただ、勿論、20年近くコミュニティを(特に、最初はニフティでしたしね)運営している関係上、匿名がどうしても必須と言う人も居ると言う事は熟知しております。匿名からの勝手な誹謗中傷と、現在のプロバイダ事業者責任制限法の運用が良くないのであって、「匿名(偽名)が潰す表現の自由もある」と言う私の主張からしても、顕名・実名での表現の自由を確保していただければなと思う次第であります。m(__)m

cf. 弁護士どっとこむ: 「匿名の誹謗中傷の闇」に関する弁護士の話
https://newspicks.com/news/980437

やり方は、フェイスブックでシングルサインオンしていて同じ名前で有れば、とか、そう言う手法もあるんですが、明らかな偽名も居ますんで、矢張り、怪しい人は電話で(Uzabase, NewsPicksが)聞くとかすると良いと思いますが。名刺認証もアリです。少なくともオススメとかランキングされている人は必須かなあ・・・。

「匿名(偽名)が潰す表現の自由もある」と言うテーマは、もう少し掘り下げて別のサイトにアップロードしようと思っています。


追記1: 個人的には、「インターネットは危険なので匿名にせよ」的な学校教育の<ネットリテラシー>像には反対です。実名で活動の出来ないネットであるならば、存在する意味が無い、と私は個人的には思います。匿名で犯罪を犯す人間が増えてしまえば、匿名である事を禁止する作用が社会的に働くことになるでしょう。それが、貴方たちが「求める」社会なのですか?匿名の存在にビクビクし、自由に自分の名前も画像も公開できなくなるのが、「表現の自由」のある社会が行き着くべき場所なんでしょうか!?

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/30/kazuo-koike_n_7474720.html
(私は、日本人はやはり匿名性を上手にコントロール出来ないので、プロバイダ事業者責任制限法は廃止すべきと考えます)


追記2: 今日は久しぶりにバンコクのスラム街に行ってきました。「ちぇき」の写真を何十枚と撮って、差し上げました。皆、最初訝しげな顔をしていましたが、最終的に大喜びしてくれました。v

<新興国のスラム街と写真:時は流れないそれは積み重なる>
http://agora-web.jp/archives/1635373.html

DSCN4093DSCN409120150531_13543120150531_135650

”誹謗中傷”と”炎上”の関係

最近、NewsPicksと言う場所で色々と書くことが増えています。ま、アゴラに寄稿する事も増えていたのもあって、元々はと言うと、「ネタ探し」的に使おうと考えていたんです。そして、やり始めてすぐに、「あ、このサービス形態は実は以前2000年頃に考えていたのだったな」と気づきました(思い出しました)。それ系のサービスやろうとして取得していたドメインも沢山あったなあ、懐かしいなあ、と。40歳にもなれば、懐かしさを感じながらインターネットサービスと接する事となります。

つい先日、NewsPicksでも「炎上」事件と言うのがあったようです。まあ、ワタシなんかから言えば、大した炎上でもない。然も、実名ではない人間(女性)が何か言われている程度ですから、実害はないでしょう。

https://newspicks.com/news/987522/

リクルート社の若手社員が、以下に纏めていたのを受けて、コメントを書きました。

https://newspicks.com/news/989760

コメントにあるように、実は、ちょっとした過去を思い出してしまいました。もう忘れている人も多いのかもしれませんが、所謂「 #studygift 」と言う、寄付に関する炎上の話。
#studygift は、グーグルプラスで人気のあった早稲田大学のオンナの子が学費を募るという話で始まったものだそうで、リアルタイムに「3年前」見ていました。

http://studygift.net/

まあ、検索すればすぐ出ますので、内容は控えます。出始めた頃、「がんばれ」って思ったんですが、すぐ炎上してしまったんですよね。そして、周りに居た「オトナ」が、結局、その女生徒を救えず、彼女はインターネットから消え、周りの大人が「裏切る」形となりました。当時の炎上の様子は半端なかったですね、グーグルで名前で検索したら多分300万件位出ていた事もあったのではないでしょうか。

それらを見ていたのが、丁度3年前の5月です。そして、リアルタイムで観ながら、ドンドン、日本社会に絶望的になっていたんですよね。当時、私は親元で引きこもりをしていて、誹謗中傷によって再起が出来ず、そして、証券会社等に複数訴訟を起こされていたので、人生が嫌になっていたのです。折角勇気を振り絞って東京に数か月行っても、グーグルプラスで中傷され、営業妨害をされ、挙げ句にまた炎上、と言う様な悪循環。年間で営業利益4000万円稼いでいた事もある人間ですので、その反動と言うのは大変に大きく、また、アルコール依存症を抱えていたため、身動きが取れなかったのです。

そして、父の退職の日を迎えました。勿論、引きこもりをしていましたので(そして、特に東京行きで借金を更に抱えて失敗したためもう抵抗する事も敵わなかったのです)、合わせる顔も無い状態。退職の日は勿論誕生日。そして、私は、親が居ない隙を見計らって、ライターを手に取り、家に火をつけることをかんがえたのです。そう、リアル「炎上」の為に・・・。

ハッキリ言ってしまえば、当時、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬をガンガン飲んでいて、昼夜を問わずと言う感じで呑んでいました。サイレース・ロヒプノール・ハルシオン・マイスリーあたりをチャンポンして、睡眠薬を飲んでは寝て寝ては飲んで、と言う繰り返しです。東京の生活で、かなり色んな病院に通ったのもあるので、大量に余らせていました。昼と夜は完全に逆転し、昼に寝て夜少し起きてまだ生きてる事を確認してまた飲んで寝て・・です。生産的な事も出来ず、人生に後悔する事も多かったですよね。なんで東京大学になど行ったのだろうか、と。気象大学校に受かっていたのだから、センター試験の日にやっぱり行かなければよかったのに、と。そうすれば、少なくともお金で困る事もないささやかな幸せな人生を送れたのではないか、と・・・引きこもって、後悔ばかりが出て涙ばかりが溢れ出る「この」毎日ではなく・・・ささやかに・・・のんびりと。

で、執行日。結局は、寸での処で止めていたようです・・・服は全部燃えてしまっていましたけどね。意識は殆ど無かったのですが、反射神経が熱にはかなわなかったようです。然し、左の胸は大やけどを負う事になりました。結局、もう、左胸の乳首は見えません。そして、親バレして数日後から、飲酒生活がまた始まってしまいました。アルコール依存症でお酒をやめたと思ったのは30歳の頃(誕生日)、タバコもいっしょにやめました。そして、証券会社等の借金問題を抱えて転落した時に一回「スリップ」して精神科に行ったんですが、その頃以来と言う事になったでしょうか。2-3週間、お酒を「探索」にまわる哀れな生活。そして、「底がつき」、札幌の精神科の病院です。診察時に、アルコール依存症の後遺症で吐き気が凄くて、診察室で大量の嘔吐をして追い返されたり。まあ、本当に人間らしいことはしませんでした。そして、入院。3年前の6月。

借金問題で数千万円あったので、自己破産、を薦められてしまっていました。東京に少し行った時は、「まだ何とかなるかも知れない」と、頑張ってみたのですが、もう、社会も応援してくれない、自分は一人ぼっちだと、もうどうにでもなれ、死んで楽になれないのなら・・・ま、色々考えて、親が紹介の弁護士が差し出した紙に印鑑とサインしたんですよね。入院生活は、最初は、粉洗剤を買って、水を買って、それを混ぜて、飲んでは吐き・・人間ではなかったです。同室がヤクザとチンピラで、話がうるさいので、それで鬱状態になってまた大量の抗うつ剤を処方してもらったり・・閉鎖病棟で。

暫くして、閉鎖病棟から開放病棟に移されました。まあ、ヤクザたちと離れたらほっとしたのもありますけど。おじいちゃんたち5人で、私一人、(当時)若者。隣のおじいちゃん、陽気でもあったので、最初ふさぎこんでいたのだけどドンドン落ち着きを取り戻してきました。まあ、それが抗うつ剤のお蔭だなど、自分自身では当時気づきませんが。そして、ある日、何か、「解放感」が生まれたんです・・自分は何悩んでいたのかな、みたいな。光が差し込んできたというか、色々と。

そして、おじいちゃんを傷つける発言をします。彼は、へこんで、ふさぎ込んでしまいました。そして、すぐに、看護師が異変に気づく事になります。主治医が来て、そのすぐ後に両親が急遽やってきて、そして、私は、「閉鎖病室」に移される事となりました。自分は、「アルコール依存症の回復」と「胸の治療」だけの為に行ったところで、「双極性障害」の誤診を受けてしまったのは、この時です。

(続く)

—-

これ以降の話は後日。ただ、これだけは先に書いておきたい。

年間で4000万円とか稼いでた人間が、日本で生きていけないくらいにまでさせられたことがありますので、多分、4億円辺りの(民事訴訟)損害賠償では効かないレベルなんだろうと思います。まあ、結局言えば、日本を離れざるを得ない状況になってしまったわけですからね。私の「所為」でもなく。

過去、あまり、公に(日本語で)自分の事を書くことも無かったのです。自分の美学に反していたし、自分は与えられた「イノチ」を、有意義に他者の為に還元するために生きる事を、幼少の頃からの「目標」としていたのですから。名まえを売る事でも無く、「そこにある」困った事があれば、自分が差し伸べる範囲で、と言う<当たり前>を大事にしていただけであり、名声欲の為に何かをと言う事も無かったのです。そして、学歴にせよ、仕事にせよ、劣等コンプレックスを持つものがありませんでしたから。英語で主張する事は主張したでしょうが、或はコミュニケーションの為にと思った事もあったでしょうが。

そして、自分が誹謗中傷のターゲットとなり、信頼していた数多くの人間が去っていき、折角、皆の為と思って寝食惜しんで作り上げてきたコミュニティのメンバーにも裏切られてしまったかのような錯覚に囚われ・・・借金があったり、親の事もあるからと言う事で、ネットでもっと話題が大きくなることを控えなければならないために、止めていた刑事訴訟(告訴)・民事訴訟だってあるんです。「ネットで何か(ツイッターをフクメテ)書いたりしてないよな?」と、一々チェックしてくる親の前で、<あなたなら>何が出来ますか?

まあ、気づいている奴は気づいているでしょうが。過去の誹謗中傷の多くは「実力で」削除させたりしています。あと、おおもとの連中の「所在突き止め」とかもしています。例えば、一人はバンコクに居る女性である(フェイスブックの某コミュニティにいる)であるとか、一人は川崎からアメリカに逃げた(まあ俺が住所公開したし居場所は無くなるでしょうね)@ベトナム好き、であるとか、色々と。リツイートをし、炎上をさせた人間たちも、「同罪」です。勿論、「名ばかり」のシリアルコーン的な低脳の「アントイレプレナー」も同様でしょう。まして、Perl一芸入試のDONE公害とかね。

匿名/仮名の連中の動きは、大体わかっています。以前、サイバーエージェント経由で、とある匿名掲示板を知って、そこを粉砕した事が有るんで(板の管理人を脅して、まあ予期しなかったけど自主的にすべての関連板を削除したようですので)。勿論、GMOデジロックと Ryan Lackey (元、ヘブンコー)が今技術系の面倒を見ている「CloudFlare」のIPサービスとを、さくらインターネットのサーバ上で展開している人間<たち>なんかも大体は読めていますけど。日本に住めなくなったばかりか、焼身自殺(炎上)まで誘導させて、私が「許す」とでも思うのでしょうか。 まあ、私自身は実名で99・9%活動している事もありますけど、匿名でなければ活動出来ない人間の「行動」すらも、制限を加える結果になるのですから、自慰の理由で、匿名(仮名)で人に危害を加える活動をするのはやめるようにしては如何でしょうか。

インターネットを不幸にしているのは、「自分」・・と、考え、即座に、悔い改めるべきでは? ね・・・匿名犯罪者の<愚か者>の、”あ・な・た”!?

追記:個人的には、「インターネットは危険なので匿名にせよ」的な学校教育の<ネットリテラシー>像には反対です。実名で活動の出来ないネットであるならば、存在する意味が無い、と私は個人的には思います。匿名で犯罪を犯す人間が増えてしまえば、匿名である事を禁止する作用が社会的に働くことになるでしょう。それが、貴方たちが「求める」社会なのですか?匿名の存在にビクビクするのが、「表現の自由」なんでしょうか、貴方にとって!?
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/30/kazuo-koike_n_7474720.html
(私は、日本人はやはり匿名性を上手にコントロール出来ないので、プロバイダ事業者責任制限法は廃止すべきと考えます

ニャースピックス ~ 動物キャラクタ編

#NewsPicks

caturday

20150317_200920

20150405_161553

20150405_104636

20150528_232705

20150528_232832

20150528_232809

20150528_232744

20150528_232731

20150528_232855

20150528_232910

20150528_232928

20150528_233022

DSCN2284

DSCN2464

DSCN3513

おまけ

DSCN1973

猫画像 For ニャースピックス

#NewsPicks

20141213_102422000_iOS

DSCN3212

DSCN3228

DSCN3211

20141221_103112044_iOS

20141221_112408232_iOS

おまけ

20150317_200920

宗教戦争に終止符を!「仏教国が模索可能な世界秩序」

アンベートカル

ビームラーオ・アンベードカル(インド憲法の父:ネルー内閣の法務大臣:不可触賤民/アンタッチャブル 身分出身) 曰く

「自分の社会哲学は 自由、平等、友愛であるが、これはフランス革命から学んだものではなく、わが師ブッダから学ん だものである」

(1954 年 10 月の全インド放送)


私は、宗教は、若年にのみ必要で、老年になるにしたがって無信教であるべき(無信教となるべき)だと考えています。然しながら、子供の頃から無信教であることは危険です。拠り所の無いアイデンティティの無い人間にしか育ちませんので、不安のみが増すだけとなるでしょう。

一般的に、凡人にとっては、宗教観を持っていない限り人生は成立しないのではないでしょうか。

因みに、私は、大丈夫(平気)です。心の拠り所は「自分の脳」ですので。老年になっても、無信教であってもなんとも思いません。そして、その方が私は健康だとすら思っています。大体、凡人から「南無阿弥陀仏とはなんぞや」なんてお説教くらったって、自分の信念(己の幸福は己の「眼と魂でのみ」見つける事が出来る)の方が絶対なので<私には>意味が無いです。ですので、私は無信教であるし、今後私が老年になるに従ってそれはハッキリするでしょう。膨大な教養は、どの宗教にも与しない強力な精神を修養するため。然し、宗教観は完全に仏教で彩られている事は事実と考えますし、それは幸せな事だったと切に思っています。

そもそも、「宗教などと言うものは要らない」と、<見つける>(諦める)事が出来るのが、本物の宗教ではないでしょうか。そういう教えを組み込んでいる宗教こそが本物。然し、流行らない事は目に見えている。なので、成立しづらいし見つけづらい、と言うだけでありましょう。

人生に教えは必要でも神の存在は要らない (Tetsuya K.)


さて

一切衆生とともに救われていく路が平等に存在する。

マルクス主義が否定したのは神であり、宗教ではなかったはずです。と言うわけですので、中国やベトナム・ラオスに伝播した時に出来たのは(すべきだったのは)、神との契約を前提とした宗教の排除のみでしょう。仏教の排除に意味や価値はなく、却って有害としかなり得ていません。

ロシアは以前はアメリカと一緒でした。キリスト教国として全く同じ。マルクス主義は、神をベースにした宗教を廃止させようとしました。中国に入った時に、「本来は神との契約を唾棄すべきだというだけなのに」仏教を弾圧してしまった。ロシアは(ギリシャに由来のロシア)正教会を破壊した。そして、今のロシアとアメリカの対立は、無宗教国とキリスト教の対立、と言うだけになってる、と言う感じでしょう。(ロシア対アメリカ)

アメリカが恐れたのは、社会・共産主義と言うものではなく、マルクス主義の「神の偶像崇拝否定」の部分のみ。であるが故に、アメリカが偶像崇拝をそもそも(本来は)しない仏教国の社会・共産主義化を恐れるのは「場違い」です。(空気嫁!orz)

世界が抱える問題の解決策は単純ではないでしょうか。日本は仏教国になるべきでしょう(但し、異端を排除:基本的に、浄土宗・浄土真宗・池田教orz含めて、特定の人間の名前が出てくる異端は全て排除)。タイ王国やミャンマー辺りが大きな参考になります。そして、仏教国として認識するのであれば、更に推し進めて、資本主義の多くの根源発想はキリスト教が生み出したものと認識する事です。但し、仏教なりに「解釈」は可能なので、その「解釈」に誠心誠意勤しむべし。社会・共産主義は、実は、仏教には「マッチ」しています。ただ、マルクスが否定したものを「正しく解釈しなかった」為に、弾圧が起き、悲劇が起きていると割り切るべき。韓国は、相手にしない方が良いです。キリスト教の国と割り切るのがベスト。フィリピン共和国はキリスト教国ですので距離を置く。中華人民共和国は、無信教の国になった事を前提にお付き合いすると良いのだと思います。(尚、中華民国は道教ですが、仏教とほゞ同一視しても影響はないと思います。台湾/フォルモサは大事な国 – Taoは素晴らしい) 80%近い仏教信者の居るベトナムもそうですが、矢張り、一番大事にすべきは、タイ王国やミャンマー国だと思います。

イスラム教とは、仏教は仲良く出来る(共存共栄可能)のだと考えています。仏教徒がイスラム教をもっと知って(明らかにして)、付き合い方を学べばいいだけでは無いでしょうか。ミャンマーがこれを出来て規範を見せる事が将来的に出来ればベストでしょう。ヒンドゥー教の差別を通じて、仏教が出来ていると思えば、ヒンドゥー教との付き合いも楽になると思います。前掲のインドの憲法の父(法務大臣)は、不可触賤民/アンタッチャブルから始まって、仏教に帰依しています。

平等とか、自由とか、そういう概念は、オリジナルで仏教が持っていて、キリスト教が「別用途で」注入した、と考えるのが良いのだと思います。ですので、仏教徒は、スピノザあたりから始めて、その派生したものを、仏教風に「取り込めば」うまくいくと思います。キリスト社会が、仏教などで当たり前だった概念を「再発見」しているケースは驚くほど多い事に、多分やがて皆さんが気づいていくでしょう。

日本語の「自由」は結構曖昧であるのと、元々は「解放」であったり 「御免」 なんですよね。自由主義が言うのは「リバティ」。権利として英語化されているのは「フリーダム」。語源からして違います。「自由」と言う単語はもともと仏教用語です。近代化された時の「当て字」。自らを拠り所とする、と言う様な意味合いです。例えば、服装を選ぶ云々で「選択の自由」と言うのはないと思います。もしそれを言うと、思考の放棄だと私は思います。「貴方と違うのよ」と見せつけたいという欲求を指して、自由とは言いません。オリジナルが仏教用語であることからしても、(仏教の袈裟等を考えるに)服装に関してはあまり考慮はされていなかったように見えますしね、そもそも。

個人的自由と経済的自由には、違いが有ります。経済的自由云々が資本主義と社会主義を分けています。私は、よく、ノーラン・チャートを使うのですが。合意形成の方法で出てくるのが「民主主義」。合意を一旦形成すれば、自由意思にかかわらず<従う事>するのが前提となっているので(<従う事>が伴わなければ、そもそも合意は形成されない)、日本語で言う「自由」とはちょっと違う意味合いも含まれるのかもしれません。

仏教は、縁起思想・無我思想に基づいて、いのちのつながりを大切にした平等観(平等)を明らかにしています。即ち、一切衆生とともに平等(equal)に救われていく、苦悩から解放(自由:Free)され、限りないいのちにつながっていく道を明らかにしていったのです。

多くのキリスト教の信者が”発見”(ナホトカ!)した、「科学」に基づく知見の結論は、結局言えば、仏教やそれに準ずるものの「脱構築」+「再構築」だと思います。キリスト教徒が「構造を発見」したものは、実は仏教では前からあった、と言う事は、本当に数多くあるのだと私は思いますが、如何でしょう。キリスト教構造の一種である資本主義も、結局言えば、「帰依」はなく、経済的な「差別」にもがき苦しむだけの構造を利用して、欲を増加させ、人類をスポイルしている構造と言うだけではないでしょうか。

仏陀


悟浄歎異(Kindle版は無料)

そのときちょうど迦葉・阿難の二尊者を連れた釈迦牟尼如来がそこを通りかかり、悟空の前に立ち塞がって闘いを停めたもうた。悟空が怫然として喰ってかかる。如来が笑いながら言う。「たいそう威張っているようだが、いったい、お前はいかなる道を修しえたというのか?」。悟空曰く「東勝神州傲来国華果山に石卵より生まれたるこの俺の力を知らぬとは、さてさて愚かなやつ。俺はすでに不老長生の法を修し畢り、雲に乗り風に御し一瞬に十万八千里を行く者だ」。如来曰く、「大きなことを言うものではない。十万八千里はおろかわが掌に上って、さて、その外へ飛出すことすらできまいに」。「何を!」と腹を立てた悟空は、いきなり如来の掌の上に跳り上がった。「俺は通力によって八十万里を飛行するのに、儞の掌の外に飛出せまいとは何事だ!」。言いも終わらず觔斗雲に打乗ってたちまち二、三十万里も来たかと思われるころ、赤く大いなる五本の柱を見た。渠はこの柱のもとに立寄り、真中の一本に、斉天大聖到此一遊と墨くろぐろと書きしるした。さてふたたび雲に乗って如来の掌に飛帰り、得々として言った。「掌どころか、すでに三十万里の遠くに飛行して、柱にしるしを留めてきたぞ!」。「愚かな山猿よ!」と如来は笑った。「汝の通力がそもそも何事を成しうるというのか?汝は先刻からわが掌の内を往返したにすぎぬではないか。嘘と思わば、この指を見るがよい」。悟空が異しんで、よくよく見れば、如来の右手の中指に、まだ墨痕も新しく、斉天大聖到此一遊と己の筆跡で書き付けてある。

釈迦牟尼如来(お釈迦様)の掌で行き来しているのは、悟空でしょうか、それとも、資本主義と言う名の筋斗雲の上で科学と言う名の如意棒を振りかざすキリスト教信者でしょうか。。。。


私は、どこにも「与する事は有りません」。 宗教と言う実質的な苦悩に与しないからこそ自由、なのです。

例えば、神の存在を押し付けるキリスト教徒として「平等」や「自由」を唱えるのは、「傲慢」だと私は考えます。

他人を従わせる為に、信教を使うのは、邪悪の根源(Root/Axis of Evil !!)。自己鍛錬と修養無くして、<幸せ>と<平等>と<世界秩序>は有りません。

畢竟、トマ・ピケティ氏が指摘しているのは、
「資本主義と言う名前を借りた、キリスト教の差別主義と強欲主義の傲慢と虚構」
に過ぎないとも言えなくはないでしょうか。

Peace.

注: 私は無信教(笑)


アンベードカルの生涯 (光文社新書)
ダナンジャイ・キール
光文社
2005-02-16


(注: Kindle版もありますので、そちらもオススメ : 日本ではマハトマ・ガンジー氏の方が有名ですが、感銘を受けるのは寧ろ彼の方だと思います。特に貴方に仏教の素養と教養があるのなら!)

ブッダとそのダンマ (光文社新書)
B.R.アンベードカル
光文社
2004-08-18



著者:

北畠徹也(英語:Tetsuya Kitahata 露語:Тэцуя Китахата)は、1974年生まれ。1993年東京大学教養学部理科2類入学、1999年同大学法学部私法コース卒業。北海道生まれのアントレプレナー。現在:株式会社テラ・インターナショナル代表取締役。ICIT(Information, Communication and Integration Technology)コンサルタント。タイ王国バンコク都在住。

ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog
Facebook – Personal Profile
LinkedIn Profile
Twitter Profile
Google+ Profile
NewsPicks: https://newspicks.com/user/103453

前へ 過去の投稿